ありんご夫婦旅行

★毎週水曜日更新★

32 東京・青梅でおそ松くんに会って来た!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ

 

 

 

 

 

2016年6月6日

 

 

 

 

行き先

青梅駅

シネマチックロード

青梅赤塚不二夫会館

シカゴチキン

多摩川

 

 

 

 

 

埼玉県秩父市のアニメあの花に続き今回もアニメメイン回です。✨

 

 

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないブログはこちらです!

 

 

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

東京都青梅市に行く理由は赤塚不二夫会館(*`・ω・´)2015年10月~2018年3月まで(書いている年代までの情報です)放送されたおそ松さん。1988年に放送されたおそ松くん第2作以来、約27年ぶりのstudioピエロ作品です。

 

 

 

 

おそ松さんについては中盤に詳しく書いています👍

 

 

 

あっちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、名前に同じ「ふじお」読みのつく赤塚不二夫さん藤子・F・不二雄さんは別人です👍お2人ともトキワ荘で同じ時を過ごしていたので、同一視されている方も(あれっ?)と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…。

 

 

 

 

赤塚先生の本名は「赤塚藤雄」なので「不二夫」

 

 

藤子・F・不二雄先生の場合は本名「藤本弘」と「安孫子素雄」を足して「藤子不二雄」になりました。そのコンビが解消され、「A」「F」表記になったという事です!

 

 

 

 

 

トキワ荘で書かれた作品は、鉄腕アトム、背番号0、忍者ハットリくんドラえもんパーマン仮面ライダー天才バカボン、星のたてごと、マーガレットちゃんなどなど。有名な方が多く名作も沢山です。

 

 

 

 

 

…。と前置きはこの辺にしまして青梅市にいきましょう💪最寄りの青梅駅までは品川駅から電車で約1時間40分東京都青梅市。ちょっとした旅行ですね。移動も楽しいので遠出は大歓迎です!

 

 

 

 

都心から出発しどんどん緑の増えていく車窓からの景色を眺めるのも楽しみの1つです。🚃

 

 

青梅駅

 

 

f:id:aringo_travel:20190531224415j:plain

 

青梅駅の看板は何だかレトロなデザインです。昭和レトロというものでしょうか…?今日散策する青梅は、青梅街道の宿場町として栄えた場所のようです。東京都西部の西多摩地区最大の市で、東京都下の業務核都市の1つです。都心からも2時間かからず昭和レトロな町を散策できるので、観光客も多い場所です。

 

 

 

 

 

パンフレットにも「タイムスリップ」と大きく書かれていました!

 

f:id:aringo_travel:20190531224818j:plain

 

観光をする際は、雑誌を買ってみて大体の場所を決めたりします。携帯で調べてもいいですが、雑誌だと数人で見ながら決めたり、雑誌のページ数がマップに書かれていて観光地を見つけやすかったり、近くのお土産屋さんなどもわかりやすく「ここにいこう」と探しやすいので私は雑誌派です🤔

 

 

 

 

シネマチックロード(旧青梅街道)

 

 

 

青梅駅から赤塚不二夫会館まで初めての道なので地図を見ながら進みます。青梅駅から約300m。徒歩5分程です。

 

 

 

 

 

シネマチックロードの看板が見えてきました。

 

f:id:aringo_travel:20190531224451j:plain

 

 

 

ここを歩いていきます(*`・ω・´)シネマチックロードは平成15年に命名されました。旧青梅街道のことです。

 

 

 

 

通りのいたるところに映画の看板が飾られています。看板は 昭和30年~40年代に封切られた作品がメインです。 建物の壁や軒先に飾られ、古くからの建物や町の雰囲気となんともマッチしています。✨

 

 

f:id:aringo_travel:20190531224525j:plain

 

 

古き良き昭和を意識した街づくりがテーマです。

 

 

 

 

背の低い建物が集まっている様子や看板の文字、あちこちから聞こえてくる町の人の話し声。郷愁をかりたてる雰囲気があります。

 

 

f:id:aringo_travel:20190531224636j:plain

 

 

 

年季の入った横断歩道の看板。

 

 

 

 

f:id:aringo_travel:20190531224745j:plain

 

ニャジラ

ブリヂストン自転車

 

 

 

 

看板の文字もそうですが、色合いからも昭和の雰囲気を感じます。こんな素敵な町並みを眺めているとあっという間に到着です。

 

5分程の道が1分程度に感じました。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 赤塚不二夫会館

 

入館時間 10時~17時

休館日  月曜日

   (祝日の場合は翌平日)

入館料 大人 450円

    子供 250円

 

 

f:id:aringo_travel:20190531221929j:plain

 

 

入り口にはバカボンのパパがいます。言わずと知れた名作「天才バカボン」のパパです。この像を見ていると「西からのぼったお日様が東へ沈む~(あったいへ~ん)」の歌が頭の中でエンドレスリピートします(*'ω'*)

 

 

 

赤塚不二夫代表作おそ松くん・天才バカボン秘密のあっこちゃん・ もーれつア太郎レッツラゴンがあげられます✨✨

 

 

 

入り口にも沢山の看板。

 

f:id:aringo_travel:20190531223022j:plain

 

 

中は撮影禁止も多かったです。作品にまつわる秘話赤塚不二夫先生の生涯の年表、展示も充実しています!

 

 

 

顔パネルを見つけたので記念に撮ってみました。

 

f:id:aringo_travel:20190531223100j:plain

 

おそ松くんの頃だと見分けがつかないですね!?( ゚д゚)私はいったい誰の顔になっているのでしょう??

 

 

 

顔パネルのおそ松くんは、小学生のいたずら大好き6つ子ちゃん。最近放送しているおそ松さんは、成人男性で定職に就かないニート(作中でも呼ばれている)です。毎日わちゃわちゃする日常系のアニメです。

 

 

 

 

ハチャメチャな日常がなんとも好きでついずっと見ちゃいます✨✨基本ギャグテイストですが、家族愛を感じる話もありじーんときますよ。

 

 

主人公は6つごちゃん

 

長男 おそ松

次男 カラ松

三男 チョロ松

四男 一松

五男 十四松

六男 トド松

イメージカラーもあります。そのほかも個性的なキャラクターが登場します。

 

(下の画僧も参考に…。)

ヒロイントト子ちゃん

シェーのポーズで有名なイヤミ

おでん屋のチビ太

でかいパンツのデカパン

口の大きなダヨーン

頭に旗の刺さっているハタ坊

 

 

f:id:aringo_travel:20190531223208j:plain

 

 

おそ松さんはこのポスター。

 

 

 

 

 

 

先ほどの顔パネルでは見分けがつきませんでしたが、このポスターではわかりやすいかと思います。それぞれにイメージカラーがあり、性格もばらばらで個性的です。このポスターは東京スカイツリーにあったのを撮影したものです。

 

 

 

 

おそ松くんに関する年表もありました。

 

f:id:aringo_travel:20190531224903j:plain

 

 

 

 

 

有名なポーズ。赤塚不二夫先生ご本人です。端整なお顔立ち…!

 

f:id:aringo_travel:20190531224923j:plain

 

シェー!

1960年代には一世を風靡し、アイルトンセナやゴジラビートルズまでこのポーズをしたらしいです。

 

 

 

 

 

えっ、そんなに流行ったんですね?調べてみると、1966年公開の「怪獣大戦争」でゴジラ劇中の2シーン(合計5回)シェー!をしていました。‪( °o°)

 

 

 

 

1970年8月5日大阪万博では、当時小学生だった浩宮徳仁親王シェー!を披露されたのだとか…。更に勢いはとどまらず「世界のシェー」という本まで販売されたようです。…その本ほしいです🤔

 

 

 

 

調べていたら見つけました!(笑)

 

世界のシェー!! (よりみちパン!セ)

世界のシェー!! (よりみちパン!セ)

 

 

 本当にあったんですね!?しかも販売は案外最近…。(笑)

 

 

内容は

欧米諸国、日本はもちろん・ジンバブエルワンダパプアニューギニア各地の少数民族まで、15年にわたり世界50カ国の笑顔を撮り歩いた驚愕の集大成」気になります。

 

 

 

まさか本まであるとは。しかも今販売しているというのが面白いですね(*`・ω・´)シェーを作中でしているイヤミ

 

f:id:aringo_travel:20190531224945j:plain

 

 おフランス帰りとの設定で金髪です。

 

 

 

 

 

赤塚不二夫会館の写真はここまでですが、原稿も飾られてていたり、赤塚不二夫先生の愛した猫菊千代」のコーナーもありました。原画などは撮影禁止でした!

 

 

写真OKなところや顔パネルもたのしめたのでよかったです✨

 

 

 

シカゴチキン

 

 

 会館を出た後近くにあった「シカゴチキン

 

 

f:id:aringo_travel:20190531223254j:plain

 

  看板も年季が入っていて素敵です。冷めてもおいしいお肉のお店です🍖ペロッと食べれました。シカゴチキンを食べた後、しばらくコンビニのチキンは食べられないくらいでした!

 

 

 

このシカゴチキン観光から丁度1年後2017年7月に閉店しました。が!!!その味を引き継いで「おうめチキン」として復活!したそうです。よかった・・。

 

 

 

 

 多摩川へ行ってみた

 

 

 食べてパワーもみなぎったのでちょっとおでかけ。地図を見ずに何となくだけで多摩川に行こうと思い立ちました。野生のカンをフル使用です。(笑)大体の方向はわかっていたのと、時々看板が出ていたのでわかりやすかったです(*^^*)

 

 

f:id:aringo_travel:20190531223334j:plain

 

大きな橋を渡りどんどんすすみます。

 

 

 

川さえ見れればいいかな~なんて考えていましたが、水遊びをしている子供たちを見て「川辺まで行きたい!」と思いました。

 

 

 

 

f:id:aringo_travel:20190531223432j:plain

 

浮き輪で浮かんでいる方々もたくさんです。いいですね👍私は水切りしてきました。川辺で座ってボーっとしている時間が大半でした(笑)

 

 

 

 

帰りに駅まで歩いていると面白い自動販売も見つけました。

 

 

f:id:aringo_travel:20190531225010j:plain

 

おでんは聞いたことがありましたが肉じゃが…。豚骨ラーメン・しょうゆラーメン・焼きリンゴにキットカット…。いやキットカット自動販売で売るとは何事!?

 

 

焼きリンゴも最初はジュースかと思いましたが、この値段・・・中身は食べるタイプのリンゴでしょう…。

 

 

 

 

 

なかなか面白い手書きの看板を見つけました。

f:id:aringo_travel:20190531223458j:plain

 

 以前、神奈川県の鎌倉でも面白い手書きの看板を見ましたが、手書きの看板って味があって良いですよね。

なんと言ってもわかりやすい。きっと地元の心優しい方が作ってくださったのでしょう。道に迷う方が多かったのかな。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20190531223551j:plain

 

こんな感じの場所に置かれていました。看板のおかげもあって駅まではスムーズに歩けました。名も知らぬ地元の方ありがとうございます

 

 

 

 

 

赤塚不二夫会館メインの町をぶらっとしただけでしたが、リフレッシュになりました。川で泳いでいる方も多いので、行く際は水着を持って行っても良いかもしれません(*^^*)

 

 

 

 

 

都心からもアクセスの良い昭和レトロな町並みです。週末などにお出かけされてはいかがでしょうか🚃

 

 

 

 戦利品↓↓

 

f:id:aringo_travel:20190531223616j:plain

 

 バカボンのパパタオルとここには載っていませんが、今(2019)も冷蔵庫で大活躍中の磁石もお迎えしました。

 

 

 次回は千葉県です。車を借りてドライブしてきました。海沿いをずーーーっと。🚗地理にお詳しい方ならわかるかな。アクアラインを使って鋸山に行き、、、。海沿いを果てしなくドライブし御宿(砂浜)まで行ってきました。(*`・ω・´)

 

 

 

 

是非次回もご覧ください!

 

 

 

次回のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

先週のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 

 

来週水曜日またお会いしましょう✨

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>