112 GW6泊7日(1日目★奈良県前半)


 

 

 

2019年4月29日

 

 

 

さぁ、Twitterにも載せておりました6泊7日旅行のスタートです。元々関西に行きたいなと考えており、どうせ行くならまとめてぐるっと行ってしまおうと考えました(*^^*)

 

レンタカー屋やビジネスホテルも吟味してできるだけ経費削減。GWにも関わらず、2人で1泊4000円代のホテルも多くあったので助かりました♪♪

 

 

 

行先

箸墓古墳

檜原神社

ひとまずここまで。来週(後半)のブログに大神神社三輪そうめん山本飛鳥駅等!さすがに写真が多すぎて長くなりすぎましたので、分割することに決めました汗

 

 

 

 

 

【GWの予定】

奈良県イマココ

奈良県

三重県

三重県和歌山県

和歌山県

和歌山&大阪府

大阪府(午後に帰路)

 

 

東北から関西空港へGO。そして高速道路に乗り奈良県突入です。

 

 

 

 

 箸墓古墳

 

箸墓古墳は是非行って欲しいとお勧めをされ、元々卑弥呼や古墳には興味があったので来てみました。

 

f:id:aringo_travel:20201215142232j:plain

ナビで箸墓古墳を検索すると出てきました。大きな卑弥呼の看板も目立ちます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215142328j:plain

 

ちょうど駐車場がありました(笑)ネーミングセンスが私好み。本当に0円で良いのかなと不安になるくらい良い場所です。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215142252j:plain

 

箸墓古墳3世紀後半頃に造営されたと言われています。邪馬台国の女王、卑弥呼の墓とする説があり、そうだったら浪漫があるなぁなんて思います。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215142311j:plain

 

 

お花の咲く良い季節です。

f:id:aringo_travel:20201215142428j:plain

 

 

 孝霊天皇皇女 倭迹迹日百襲姫命 大市墓(やまとととひももそひめのみことおおいちのはか)まで徒歩五分もかかりませんでした。長い名前ですが、箸墓古墳宮内庁に管理される際この名前のようです。

 

 

近くに来ると尚、歴史を感じます。特に手前の看板。

f:id:aringo_travel:20201215142451j:plain



木の看板には宮内庁の文字。

 

 

正面から見ました。

f:id:aringo_travel:20201215142611j:plain

 

 

さぁここからが少し長い。先程の無料駐車場から約10分歩きました。周りは民家と小道なので車を停めるスペースはありません。ベストポジションを歩いて探します。

 

 

いやぁ……箸墓古墳(孝霊天皇皇女倭迹迹日百襲姫命 大市墓)を見るには上空からがベストですが、ヘリコプターをレンタルするほどの財力は持ち合わせておりません!(笑)

 

 

f:id:aringo_travel:20201215142756j:plain

横から見ました。横から。

「古墳って、横から見ると、ただの森」ありんご心の一句

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215142816j:plain

 

全長は272m。横から一望できます。手前の池はため池100選の1つで「箸中大池」といいます。

 

大昔の人たちが手掛けたものが今なお残っており、時を経てそれを眺めている。不思議な感覚が楽しめるので、来てみて良かったと思います。ちなみに古墳の真横に道路があり、古墳沿いに1周ドライブが出来ましたよ。ちゃんと残ってるあたりさすがです。上空から見ることの出来なかった昔から、大切に伝えられていたのでしょうね。最近では写真やテレビでなんでも見聞きする事が出来ますが、実際に訪れてこそ感じるものがありますよね。

 

箸墓古墳

■場所…奈良県桜井市箸中

 

 

檜原神社(ひばらじんじゃ)へ向かいます。

 

f:id:aringo_travel:20201215143047j:plain

道中突然石垣と立派な塀が!と見ていると、なんと学校でした。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215143028j:plain

立派な造りですね!桜井市立織田小学校と言うそうです。

 

 

檜原神社まで、地図上では近いのですがなかなか着かない。檜原神社の後に行く、大神神社の看板を見つけました。

f:id:aringo_travel:20201215143109j:plain

 

1日目★奈良県の後半ブログに載っています!後半に回した部分ですね汗

 

 

古墳なのかな〜?と思われるぽっこり小山が点々と。

f:id:aringo_travel:20201215143128j:plain

箸墓古墳がある場所ですし、小さな古墳があってもおかしくは無いんですよね。知識が乏しいので正体は掴めませんでした。

 

 

地図で何度も確認します。

f:id:aringo_travel:20201215143259j:plain

大神神社の目と鼻の先なんですよね〜。

 

 

檜原神社

 

 

無事、車を停めることが出来歩いて向かうことに。少しばかり歩きます。

f:id:aringo_travel:20201215143332j:plain

歩きやすい格好でよかった〜。熊注意の看板だけが気になります。

 

 

桧原神社までは600m

f:id:aringo_travel:20201215143438j:plain

 

道中は石碑などがありました。

 

f:id:aringo_travel:20201215143500j:plain

文字がもう読めないですね💧

と思ったら同じ文字を新しく掘った石碑がありました↓

 

 

f:id:aringo_travel:20201215143521j:plain

みわやまの山辺まそゆふみしか木綿 かくのみからに長くと思ひき高市皇子入江泰吉

これは万葉集に載っている和歌ですね!

 

 

 

 

戻ってこられる方の姿がありました。

f:id:aringo_travel:20201215143548j:plain

この道を通る人なんているのかなと不安だったので、少し安心です。

 

 

 

道が少し高台にあるので、景色が良いですね!

f:id:aringo_travel:20201215143609j:plain

 

 

 

大和の青垣。

f:id:aringo_travel:20201215143630j:plain

山の辺の道「大和は国のまほろば、たたなづく青垣、山ごもれる大和し美わし」と古事記にうたわれた。奈良盆地は遠くに見える生駒山地や矢田丘陵、すぐ手前の景行天皇陵、さらに右手の巻向、三輪の山々など幾重にも緑の垣根に囲まれたようになっています。こうした環境を守るために、このあたりは大和青垣国定公園に指定されています。

とのこと。

 

 

山の辺の道自体が歴史に登場する道路の中で最古の古道といわれ、万葉集ゆかりの地名や伝説が残る場所です。ハイキングコースとしても知られているようで、約26km(中でも古代の面影を残す部分は約16km)あります。

 

 

古代に思いを馳せながら、万葉集古事記を片手にお散歩もよさそうですね♪熊には注意したいところです……。

 

 

 

 

 

 

私たちの前にも1人歩いています。

f:id:aringo_travel:20201215143729j:plain

 

 

 

 

三気大神神社

f:id:aringo_travel:20201215143757j:plain

 

 

入口が分かりませんでした。ネットで情報をと調べましたが、情報が見当たりません奈良県神社庁に登録されていない神社かも(?)門を閉じた寺社仏閣は見たことがありますが、ここまで情報が何もないとかえって気になりますね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215143657j:plain

 

 

 

やっと檜原神社が見えてきました。

f:id:aringo_travel:20201215143818j:plain

表口では無さそう……。

 

 

看板を確認し、右側に曲がります。

f:id:aringo_travel:20201215143842j:plain

なんと!参拝者駐車場の看板がありますね!ということは、今歩いた道を車で入ってきてよかったのでしょうか。それにしても細い道でしたが。

 

 

案内図を見つけました。

f:id:aringo_travel:20201215143915j:plain

バッチリ駐車場がありますね(笑)

 

大和さくらい100選の夕日ビューポイントのようです。

f:id:aringo_travel:20201215144030j:plain

ご丁寧にQRコードまで用意されていました。こちらの看板の最後にも、古事記のうたが載っています。山に沈む夕日を見たいものです(^^♪

 

 

茶屋もあります。

f:id:aringo_travel:20201215144051j:plain

 

 

 

さぁ、表から入りましょう。

f:id:aringo_travel:20201215144117j:plain

初めて見る鳥居の形をしています。二本の柱に注連縄が渡されています。

 

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215144238j:plain

 

檜原神社はこの後に行く大神神社の摂社です。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215144300j:plain

 

 

 

歴史を感じる立て看板。

f:id:aringo_travel:20201215144415j:plain

 ところどころ読めません💧

 

 

f:id:aringo_travel:20201215144434j:plain

 

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215144454j:plain

先程来た道の方向ですね。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215144514j:plain

御由緒などが記されています。

 

 

 

こちらが観光雑誌に載っていた三ツ鳥居です。

f:id:aringo_travel:20201215144632j:plain

使い古された神秘的という言葉では安っぽく感じますが、私の語彙が足りずこの空気感を伝える言葉がそれしかありません。

昭和40年に伊勢神宮の旧内宮外玉垣の東御門の古材を使用して造られました。更に2015年に建て替えられたそうです。ミツ鳥居は明神型の鳥居を3つ組み合わせた形で、別名「三輪鳥居」ともいわれます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215144659j:plain

 ご祭神天照大神若御魂神(あまてらすおおかみのわかみたまのかみ)、伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)です。

 

 <御由緒>

「第十代崇神天皇の御代、それまで皇居で祀られていた「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を皇女豊鍬入姫命に託しここ檜原の地に遷しお祀りしたのが始まりです。

その後、大神様は第十一代垂仁天皇二十五年に永久の宮居を求め各地を巡幸され、最後に伊勢の五十鈴川の上流に御鎮まり、これが伊勢の神宮(内宮)の創祀と云われる」

 

 

 

という事でして、檜原神社は「元伊勢」とも呼ばれています。

ふふふ。

私、今回のGW旅行で伊勢神宮も行くんですよ★楽しみです!

 

f:id:aringo_travel:20201215144723j:plain

 三ツ鳥居の左手は「豊鍬入姫宮(とよすきいりひめのみや)」です。

 

 

 大神神社末社 豊鍬入姫宮 についての看板がありました。

f:id:aringo_travel:20201215144749j:plain

 <御由緒>

御祭神は第十代崇神天皇の皇女であります。皇女は「天照大御神」をこの「倭笠縫邑(やまとかさぬいむら)」にお遷しし、初代の御杖代(みつえしろ)(斉王)として奉仕されたその威徳を尊び祭り、昭和六十一年十一月五日に創祀されたものであります。

斉王とは天皇にかわって大神様にお仕えになる方でその伝統は脈々と受け継がれ、現代に於いても皇室関係の方がご奉仕されています。

 

 

この辺りには桃畑が多いので春には一面ピンクになり、春分秋分の頃には山に沈む夕日の絶景ポイントでもあるので歴史も感じられるとともに景観的にも良い場所ですね☆

 

そうそう、しっかり御朱印も頂きましたよ。

f:id:aringo_travel:20190529230621j:plain

 

 

 

 

檜原神社

■場所…桜井市三輪1422

 

 

来た道をもどりましたが、道中面白い形の木を見つけました。

 

f:id:aringo_travel:20201215144834j:plain

くるくると巻いています。それにしても、山道を往復歩くと額に汗が滲みますね。

 

 

 

日本一たい焼きが気になりました。

f:id:aringo_travel:20201215144907j:plain

数回見つけたので気になりましたが、神社の時間優先で立ち寄らず。

 

 

行きたいところを詰め詰めにしすぎて、旅行中に見つけたところに立ち寄れないのは盲点でした。この時はいかに、6泊7日を効率よく回るかしか考えていませんでしたね。

 

 

1日目の奈良県ですが、前半はこちらで終了です。少しばかり長くなり、神社の説明や写真も多いので読み疲れてしまうかと思い記事を分けました!

GW6泊7日旅行は、全日程前半と後半に分けようと考えています。

 

 

 

さぁ来週水曜日のブログ奈良県後半戦です(*^^*)大神神社と、三輪そうめん山本、そして宿まで時間があったので飛鳥駅にも立ち寄りました。値段で決めた宿でしたが、設備もなかなか良かったですよ。また記載しますね。

 

 

 

 

先週のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

御朱印ブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

111 秋葉原雁川&上野公園

 

 2019年4月14日

 

 

行先

秋葉原の雁川

上野公園

上野動物園

 

 

 

友人との東京&横浜観光の続きです。続きと言っても友人はもう高速バスで空港へ向かいましたので、ここからは1人。新幹線まで時間が空いているのでお散歩します。

 

 

 

兼ねてより気に入っていた秋葉原の中華料理屋にも行きたいなぁなんて考えながら、JR秋葉原へ来ました。

 

 

広場ではCDを販売しています。

f:id:aringo_travel:20201215132312j:plain

 

こう見ると改めて平成がもうすぐ終わる事を実感しますね。年号の変わる頃に立ち会うのは初めてです。

 

 

 

 

平成のアニソン大賞CÐ売り場ができていました。

f:id:aringo_travel:20201215132347j:plain

 

フルサイズで入ってるなら買おうかなとスタッフさんに伺ったところ「フルサイズです」とのこと。聞きなれたアニソンが入っているので嬉しいです。今度の旅行の時聞きましょう♪

 

(後日判明しましたが、フルサイズではなく全て1番のみでした……)

 

 

雁川

 

アニメの看板で賑わう秋葉原です。

f:id:aringo_travel:20201215132517j:plain

 

元々の秋葉原戦後の闇市から始まりました。その後ラジオなどの部品を扱うお店が増えていったようです。

 

 

目的のお店は、大通りから少し入った場所にあります。

f:id:aringo_travel:20201215132557j:plain

 

雁川をネットで調べると「おたくに大人気」というキャッチコピーが多く出てきます。メディアでも多く取り上げられており、いろいろな方が来ていますが、場所のせいもありおたくが多いのでしょうか。

 

f:id:aringo_travel:20201215132832j:plain

 ↑店頭の様子

 

 

近くには12分400円の高級パーキング↓

f:id:aringo_travel:20201215132934j:plain

さすが東京様は物価が違いますね。

 

 

 

ゆかが少しぬめっていますが気にしません。中華屋さんの床は大体アブラギッシュな気がします(※個人的な意見です)。メニューはこんな感じ。

f:id:aringo_travel:20201215133131j:plain

 

人気メニューは土日限定の牛すじチャーハン。

使用肉はA5和牛!

 

f:id:aringo_travel:20201215133155j:plain

大盛り……(笑)デフォルトが多い。ガッツリおなかいっぱいになれます(笑)私は好きな店ですよ、価格も味も満足。

 

 

 

秋葉原はコアなお店めぐりも楽しいですし、イベント事が多いので何となく歩くのにも丁度良いですね。

 

■雁川

■場所…千代田区外神田3丁目10-10

 

 

 

 

上野公園

 

 

秋葉原から上野公園まで、大通りをひたすら歩くor裏通り→アメ横を歩くのもオススメです。

 

1.5km、歩いて約20分です。この日は歩くことに決定!とりあえず上野公園にある、国立西洋美術館にやって来ました。

f:id:aringo_travel:20201215133452j:plain

 

建物が2016年に「ル・コルビュジェの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献」という名称で世界文化遺産に登録されました。近代建築の三大巨匠とされるル・コルビュジェが設計ました。

 

 

 

動物園目当てなので中には入りません。

 

f:id:aringo_travel:20201215133606j:plain

 

庭にも色々あるんですよ。オーギュスト・ロダンによる地獄の門(レプリカ)や、有名な考える人(レプリカ)。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215133640j:plain

 

考える人の像を見るとナイトミュージアム(映画)を連想します。博物館の展示が動く作品なんですけど、面白くて好きなんですよ。

 

 

 

さぁ上野動物園へ行きましょ。

f:id:aringo_travel:20201215133852j:plain

 

上野公園はとても広いです。正式名称は「上野恩賜公園」、敷地面積は何と53万㎡。広すぎます(笑)

 

 

あと、上野公園と言えばハト。

f:id:aringo_travel:20201215133918j:plain

 

 

そして上野マンホール。

f:id:aringo_travel:20201215134126j:plain

上野公園は桜の名所としても知られていますね。

 

 

上野動物園

 

f:id:aringo_travel:20201215134150j:plain

■入場料

一般600円

65歳以上300円

中学生200円

小学6年生まで無料

 

 

f:id:aringo_travel:20201215134211j:plain

ちょっとご迷惑かなと思いつつ小銭でスタンバイ。

 

 

 

動物園のチケット販売所の上に、看板がありました。

f:id:aringo_travel:20201215134246j:plain

 

 

 

早く部屋に戻る動物と、見られない動物

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215134311j:plain

 

この表示は助かります。中に入って檻の前で「居ないじゃん…」とガッカリするのは悲しいですものね。早く部屋に戻る動物の時間帯も書かれている点も嬉しいです。

 

 

地図です。

f:id:aringo_travel:20201215134406j:plain

上野動物園は広くて、西園と東園があります。中央には歩道とモノレールがあり、東西を行き来できます。

 

 

テレビで話題のパンダは並ぶそうです。さすがパンダ!

f:id:aringo_travel:20201215134543j:plain

 

 

列がすごいことになっていますね。

f:id:aringo_travel:20201215134518j:plain

 

こんなに並ぶんですね。

f:id:aringo_travel:20201215134651j:plain

 

 

自動販売機はその土地柄や、場所柄が反映されるので見るのが好きですよ。

f:id:aringo_travel:20201215134801j:plain

 

 

日付の書いてある、顔だし看板があります。

f:id:aringo_travel:20201215134835j:plain

これを見て気が付きましたが、4年ほど前に上野動物園に来ていますね!

 

 

f:id:aringo_travel:20201215134919j:plain

 

 

動物を見て回ります。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215134945j:plain

 

上野動物園1882年開園の日本最初の動物園として知られています。明治15年~なので、最近話題の鬼滅の刃の時代設定が大正……。あの時代にはもう上野動物園があったんですね。なんて、今(2020年末)記事を書きながら考えています。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215135012j:plain

 

園内には約400種、3000点の動物がいます。日本三大珍獣もここにいますよ、言わずと知れた「ジャイアントパンダ」そしてキリンの祖先とも言われる森の貴婦人「カピ」、小さなカバ「コビトカバ」です。

 

 

日本三大珍獣がそろうのは国内ではここだけです☆と紹介しておきながら、パンダは小パンダが生れてからずっと行列ですし、オカピは今日は出てこないそうですね。見れそうにありません(´・ω・`)

 

 

f:id:aringo_travel:20201215135040j:plain

 

猿ってずっと見てても飽きないですよね。関係性を考えたりしながらぼーっとみてることが多いです。

 

 

ゾウさん

f:id:aringo_travel:20201215135100j:plain

 

 

そういえば、私の地元は学校の帰り道にアケビがなっていました。

f:id:aringo_travel:20201215135127j:plain

今考えると、知らない人の土地(山)のものを食べるのは色々と違反なのでしょう……。小学生の頃は何も知らずに、よく食べていました。

 

 

冬眠の様子↓

f:id:aringo_travel:20201215135204j:plain

 

テレビ越しに見られるんですね。時代の進歩を感じます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215135221j:plain

クマの冬眠。説明を見て知りましたが、冬眠中も刺激があれば起きるんですね!?冬の雪山で遭難して、洞穴に逃げ込んだ際クマに会わないことを願います……。

 

 

クマ!でっかい!

f:id:aringo_travel:20201215135246j:plain

後ろを向いていましたが、ガラス越しとわかっていてもちょっと怖い。迫力があります。

 

 

 タンチョウのたまご。

f:id:aringo_travel:20201215135315j:plain

 

 

 

ゴリラの子供がいました。

f:id:aringo_travel:20201215135516j:plain

 

子供を見る人が群がっています。なかなか前に行けず少しばかり待ちました。

 

 

ゴリラの体重は?のコーナー。

f:id:aringo_travel:20201215140621j:plain

正面の切り株が体重計になっており、そこに乗ってくれればここに体重が表示されるようですね!

 

 

トラがちょうど向かってきてくれました。

f:id:aringo_travel:20201215140759j:plain

でっかい猫ちゃん。

 

 

 

 

カワウソは眠っていました。

f:id:aringo_travel:20201215140839j:plain

 

 

 

 

ハリーポッターに居そうなフクロウ。

f:id:aringo_travel:20201215140918j:plain


 

 

 

ハゲタカ……かなぁ。大型の鳥です。

f:id:aringo_travel:20201215140933j:plain

 

 

 

 

こちらが例のモノレール乗り場。

f:id:aringo_travel:20201215141021j:plain

東西を結んでいます。左手に歩道があり、歩いても行けますよ。モノレールに乗るとあっという間に反対側へ行けます。人気なので少し並びますが。

 

 

反対側にはペンギンがいました。

f:id:aringo_travel:20201215141119j:plain

 

 

ビルが見えるなぁと景色を見ていると、視界の端で何かが動きました。

f:id:aringo_travel:20201215141143j:plain

 

ワオキツネザルですね!

 

f:id:aringo_travel:20201215141206j:plain

 

自由に行き来しています(笑)一瞬、園外にいる野生動物かと思いました(笑)

 

 

遠目には東京スカイツリーも見えますよ。

f:id:aringo_travel:20201215141243j:plain

 

 

上野動物園内にはご飯処やお土産屋さんもありました。キッチンカーも↓

f:id:aringo_travel:20201215141313j:plain

地元で有名な肉巻きおにぎりを見つけました。

 

 

最後に出入口付近のプレリードッグ。

f:id:aringo_travel:20201215141404j:plain

 

動きと、時々聞こえる鳴き声が可愛くてずっと見ていました。

 

f:id:aringo_travel:20201215141421j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201215141435j:plain

 

f:id:aringo_travel:20201215141517j:plain

草を食べています。

 

 

最初の方で説明したように、上野動物園は広いのでくたくたです。新幹線の時間も迫ってきましたので、移動しましょう。

 

上野動物園

■場所…東京都台東区上野公園9-83

 

 

 

新幹線で東北へGO!

 

帰ってから開けましたが、東京のお店「メサージュドローズ」のチョコレートです。

f:id:aringo_travel:20201215141505j:plain

味は普通でしたが、何より見た目が可愛い。プレゼントに良さそうだなと思いつつボリボリ食べました(笑)次、地元に帰る時は東京でこちらを買いましょ♪

 

 

以上で、東京&横浜旅行と最終日の旅終了です!今回は観光が少なかったのでギュッとまとめました。来週からは一日分を二つに分けてもいいくらいの情報利用があります!

 

 

さぁ来週水曜日からは「ゴールデンウィーク6泊7日旅行」スタートです!写真が多いので、1日分を2記事に分けながらまとめようかなと考えておりますよ。お付き合いくださいませ(*^^*)

 

 

 

 宮崎県の話になりますが動物園↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

神奈川県の動物園↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 今日も平和です。

 

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

110 2泊3日定番の東京&横浜

 

 

 

 

2019年4月13日

 

 

 

 

行先

泉岳寺

品川駅前のアンナミラーズ

横浜みなとみらい

赤レンガ倉庫

山下公園

横浜中華街

 

 

こちらが2日目の旅行。と言っても、アニメの聖地である横浜をウロウロしたかっただけなのであんまり観光ブログっぽくはありませんがご容赦ください。

 

 

少し前から気になっていた、泉岳寺へは一番最初に足を運びました。赤穂浪士浅野内匠頭で知られるお寺ですね。

 

 

泉岳寺

アパホテルからすぐ近くでした★

 

f:id:aringo_travel:20201215003607j:plain

 

泉岳寺1612年(慶長17年)に創建された曹洞宗の寺院で、曹洞宗江戸三ヶ寺の1つにも数えられます。1641年(寛永18年)に寛永の大火で焼失し、その後現在の高輪に再建されました。

 

f:id:aringo_travel:20201215003539j:plain

 

(吉良からいろいろあった後)浅野内匠頭江戸城松の廊下で、吉良上野介に切りかかりその日のうちに切腹を命ぜられました。当時、江戸城内で刀を抜くことがご法度だったようです。しかし、その日のうちに切腹と言うのも異例なようで、浅野内匠頭は地位もあり名も知れているのに釈明の余地もないスピードで決定しました。(取り調べが行われたのかも不明)

 

切腹後、これに反発した四十七士(赤穂浪士)が吉良邸へ討ち入る……そんな感じだったとおもいます。詳細はネットの海へm(_)m

 

 

f:id:aringo_travel:20201215003624j:plain

 

f:id:aringo_travel:20201215003724j:plain

 

忠臣蔵の主役ともいえる赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助吉雄です。

 

 

浅野内匠頭切腹をした田村上屋敷跡の追悼碑はもうありませんが、50m程離れた場所に「終焉之地」の碑が立っています。交通量の多い、虎ノ門ヒルズの見える大きな交差点にありますよ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215003750j:plain

 

お寺の話に戻ります。

曹洞宗の御本山は2つ、永平寺福井県総持寺(鶴見)です。鶴見の総持寺は場所さえ知っていれば、高速を走る観光バスの車窓からも見えますよ。

 

f:id:aringo_travel:20201215003815j:plain

 

 赤穂浪士のお墓へ向かいます。

 

f:id:aringo_travel:20201215003836j:plain

墓所の見取り図がありました。

 

 

浅野家とここ、泉岳寺の付き合いは再建の時からです。大火で焼失した後、建て替えの際に手伝った五大名の1人です。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215003855j:plain

 

四十七士といわれますが、討ち入り前に自害した家臣の供養塔も含めて四十八の墓があります。

 

赤穂浪士の1人が切腹した場所と言われる場所から移植された主税梅、田村邸から移されて来た浅野内匠頭切腹した際にその血を浴びたと言われる梅の木と石吉良上野介の首を洗ったとされる井戸もあります。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215003914j:plain

 

f:id:aringo_travel:20201215003934j:plain

 

赤穂浪士記念館もありました。名前の通り、赤穂投資に関する資料館です。ビデオ上映や資料の展示が行われています。毎年12月14日4月に「赤穂浪士祭り」が行われますので、ご興味がありましたら時期に合わせてのおでかけも良いと思います★

 

泉岳寺

■場所…東京都港区高輪2丁目11-1

 

 

 

 

 アンナミラーズ

 

 

さて!歴史に触れた後は私の好きなカフェに来ました♪アンナミラーズで朝ごはん。……にしては軽すぎますがケーキを食べました☆

f:id:aringo_travel:20201215003405j:plain

 

1983年に仙台駅前に開店し今なお愛されるアメリカンハワイ風なお店です。定員さんのメイド服のようなひらひらピンク服も目を引きます★品川駅の高輪口、横断歩道を渡ってすぐです。窓側の席からは駅を行き交う人々を眺められます。

 

 

 

ケーキ、パイは約30種類。ブレックファストメニューも充実しています。

 

f:id:aringo_travel:20201215003425j:plain

 定番のバナナチョコレートパイ:600円を選択。

他にも

ココナッツ 600円

パンプキン 550円

レモン   600円

抹茶小豆  600円

なども美味しいですしホットパイもありますよ!

ホットアップルパイ 740円

ホットピーカンパイ 740円など★

 

 

アンナミラーズ

■場所…東京都港区高輪4丁目10-18 ウィング高輪ウエスト2階

 

 

品川駅から横浜までレッツゴーですよ。ブログの内容的には泉岳寺がしっかりしていましたが、今日のメインは横浜です!

 

f:id:aringo_travel:20201215003958j:plain

 

 

 桜木町駅で降りました。

 

f:id:aringo_travel:20201215004025j:plain

 

目の前にはランドマークタワー。大きなビルは目立ちますね。高さ296m。

 

 

巡回バスもあります。

f:id:aringo_travel:20201215004042j:plain

赤い靴バスは毎日運行、大人220円、子児110円でぐるっと一周しています。バスによってルートがあるので、乗るときは路線図を確認してください★

 

 

バスもいいですが、横浜の空気を感じながら歩いて回りましょう☆

f:id:aringo_travel:20201215004100j:plain

右の観覧車はみなとみらいの大観覧車。半円状の建物がインターコンチネンタルホテル、左の似たような建物3つがクインズスクエアです。

 

 

 

横浜を闊歩する横浜ファン↓

f:id:aringo_travel:20201215004519j:plain

 

桜が咲いていました。

 

f:id:aringo_travel:20201215004620j:plain

 

空が広く感じますね。

高い建物が少ないので、景色が良いです。さくらも綺麗ですし、花壇のお花も可愛らしいです。

 

f:id:aringo_travel:20201215004120j:plain

 

 

 

花壇を使用して映え写真↓

f:id:aringo_travel:20201215004725j:plain

 

 

赤レンガ倉庫

 

 

歩いて赤レンガ倉庫に着きました。

 

f:id:aringo_travel:20201215004752j:plain

 

駅から斜めに歩いてきたので、信号もほとんどなくあっという間です。赤レンガ倉庫についても、以前訪れた際に詳しく書いていましたのでURLを載せますね。

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

何やら賑やかなイベント中

f:id:aringo_travel:20201215005309j:plain

 

 

中庭にお花が沢山ありました!

f:id:aringo_travel:20201215004812j:plain

ハートのアーチも可愛いですね•*¨*•.¸¸♬︎

 

 

ピンクのお花が可愛い写真スポットも!

f:id:aringo_travel:20201215004928j:plain

 

 

赤レンガ倉庫といえばこの写真ですよね↓

f:id:aringo_travel:20201215004211j:plain

海側から見た倉庫です。赤レンガ倉庫はお土産屋さんもありますが、飲食店が多いのと先程のように季節に合わせたイベントが行われるのでいつ来ても楽しめます(*^^*)

 

■赤レンガ倉庫

■場所…神奈川県横浜市中区新港1-1

 

 

結構広いですよね。

f:id:aringo_travel:20201215004148j:plain

 

修学旅行の学生さん方を案内してくる時は、ここに集合して最後に先生の話があってバスに乗りこみ空港へGOの流れも多かったです。

 

 

山下公園へ向かおうとすると、犬がいました。

f:id:aringo_travel:20201215004504j:plain

大型犬を連れたお姉さん二人とお話(*^^*)天気が良いのでお散歩中のようです。

 

 

遠目に大きい船が見えました。

f:id:aringo_travel:20201215004245j:plain

山下公園の手前にある、大桟橋に停まっているようです。

 

 

遊歩道を歩いていきましたが、遠くには横浜ベイブリッジ

f:id:aringo_travel:20201215004303j:plain

 

 

 

 

停まっていた船は、、こちらかな?

f:id:aringo_travel:20201215004550j:plain

遊歩道に看板があり、その中から探すこと数分。多分こちらでしょう!多分!セレブリティミレニアムと、名前からしてセレブですね。

 

 

山下公園からもバッチリ見えますね、

f:id:aringo_travel:20201215004418j:plain

大きい船は存在感抜群です。

 

 

山下公園 

 

 

山下公園をお散歩しますよ〜。山下公園1930年に開園した海に面して横に長い公園です。文明開化は横浜からという言葉もありますが、山下公園には様々な記念碑・歌碑があります。

f:id:aringo_travel:20201215004438j:plain

 早速「ZANGIRI」と書かれた記念碑。「散切り頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」……の、散切りです。

 

f:id:aringo_travel:20201215004954j:plain

西洋理髪発祥の地、が正式名称ですね。茂みに少し隠れますが、道路からも見えますよ。

 

 

 

第56回、花壇展が行われています!

f:id:aringo_travel:20201215005048j:plain

横浜全体がお花に包まれていますね♪

 

 

オブジェもあるようです。

f:id:aringo_travel:20201215005016j:plain

それぞれが拘り、テーマに沿っており看板を読みながらお散歩できます。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215005105j:plain

 よこはま花と緑のスプリングフェア2019は、4月12日~5月6日まで行われています。

 

f:id:aringo_travel:20201215005120j:plain

 

 

花時計↓

f:id:aringo_travel:20201215005136j:plain

 

お花を見るのは好きです♪

f:id:aringo_travel:20201215005154j:plain

 

見るだけでなく、お花をかぶることも出来ましたよ(笑)

f:id:aringo_travel:20201215005217j:plain

 

山下公園はこの他にも、バラの庭園があり季節になるとライトアップが行われたり、氷川丸が停まっていて中に入ることができます(300円)また、道路の向かいに港を一望できるマリンタワーがあります。マリンタワーの1階には山下清の作品「横浜の今昔」をモデルにしたモザイク壁画がありますよ(*^^*)

 

山下公園

■場所…横浜市中区山下町279

 

 

お昼ご飯を食べるために一瞬。本当に一瞬、中華街へ来ました。

 

f:id:aringo_travel:20201215005237j:plain

 

 

 

横浜中華街に来た時、いつも食べている焼き小龍包。

f:id:aringo_travel:20201215005251j:plain

 

前回も食べていた例のお店です。アッツアッツの肉汁が出てくるんですよね(笑)食べる時に気をつけてください(笑)

 

中華街で見つけた髪飾り

f:id:aringo_travel:20201215005355j:plain

オソロにしました(*^^*)

 

 

この後は15時頃横浜をでて、原宿の竹下通りラフォーレ原宿、渋谷の109、その付近のBOZでのショッピングでした。観光は特にしていないので写真は割愛。あ、食事もしましたよ☆

 

 

最終日の3日目は東京タワーに行き、友人を東京駅の八重洲口までお見送りしました。東京タワーの記事は短いので1日目の後半に載せています

 

 

 

山下公園のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 

以前の横浜観光↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 

来週水曜日のブログは、3日目お見送りの後お出かけした上野公園です。東北へ帰る新幹線までの時間に、動物園周辺を散歩してきました♪写真メインになりそうですが是非ご覧くださいませ♪

 

 

 

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

109 2泊3日定番の東京&横浜

 

 

 

 

2019年4月12日

 

 

行先

東北→東京!

安達太良SA(上り)

将門の首塚

皇居前広場

和田倉噴水公園

東京中央郵便局(KITTE)

グリル満点星

アパホテル品川

 

 

 

え〜……(笑)

東北に引っ越して半月も経たずに東京旅行です。(引越しが急でしたからね)地元から友人が飛行機を使って来てくれるので、東京駅で合流する流れです。夜行バスが遅くても昼に着いてしまうので、数時間暇つぶしをすることに。

 

 

 

こんな時、ガイドをしていた経験が活きますね!5時間も何をしようかと思いましたが、とりあえず東京駅周辺を散策しましょうか。

 

 

 

さてさて家を出て、東京までは約6時間

 

f:id:aringo_travel:20201214233910j:plain

 

さくら観光バスという夜行バスを使用。最初の安達太良SAまでは起きていました。

 

 

仙台市内は雪は降っていませんでしたが、ここは積もった様子。

f:id:aringo_travel:20201214233935j:plain

 

眺めの良いパーキングです。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234053j:plain

 

 

山が見えるなぁと思っていると、説明書きが↓

 

f:id:aringo_travel:20201214234114j:plain

 

SAの名まえにもなっている、安達太良連峰と言うようです。看板によると「安達太良山は高村幸太郎の智恵子抄や、万葉集にも詠まれ多くの人々に親しまれてきました。エリアから見て右側が安達太良山です。一名「乳首山」とも呼ばれる、日本百名山の一つです」とのこと。

 

 

安達太良山は1700m、和尚山が1602mで目立つ山ツートップですね☆

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234141j:plain

 

足元には福島県の花「ねもとしゃくなげ」や鳥「きびたき」、木「けやき」のパネルがあります。県によって花、鳥、木、音などがあるんですよね♪

 

 

ちなみに私の出身地宮崎県の花は「はまゆう(イメージは白い彼岸花)」鳥は「コシジロヤマドリ(キジのような鳥)」、木は言わずと知れた「フェニックス」と「飫肥(おびすぎ)」「ヤマザクラ」です。音は公式ではない者の、フェニックスの葉ずれ(Yahoo!検索では 高千穂峡の滝の落水音)でした。

 

 

この後もパーキングに寄った気がしますが、眠気に勝てず東京に着きました。新宿駅近くにあるバスタ新宿からは電車で移動。とりあえず東京駅に来てみました。

 

f:id:aringo_travel:20201214234241j:plain

 

 

赤レンガ造りのこの駅は1914年に建設された歴史ある駅です。駅の中にお土産屋さんや食事場所、そして東京ステーションホテルという名前の宿泊施設もありますよ★このホテルのレストランやバーも質の高い料理が楽しめます。

 

 

この東京駅は日本近代建築の父とも言われる辰野金吾の設計です。辰野金吾は日本で最初の建築家の1人で2019年に没後100周年を迎えました北海道~故郷である佐賀県まで200以上の建築物を手掛けたと言われます。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234339j:plain

 

 2012年10月に赤レンガの美しい旧駅舎に復元されました。かなり最近です。夜にはライトアップも行われますのでまた来ましょう!

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234402j:plain

 

ひとまずブラブラお散歩です。

 

 

 

早速見つけた東京マンホール。

f:id:aringo_travel:20201214234423j:plain

 

 

東京駅から歩いて5分もすると、皇居前広場付近のお堀が見えてきます。

 

f:id:aringo_travel:20201214234446j:plain

 

小さいですが白鳥が映ってますよ↑

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234516j:plain

 

↑こちらの角にある建物、見落としてしまいそうですが「江戸城 和田倉門守衛所跡」です。

 

 

 

お散歩してる人の姿がチラホラと。そしてメディアでもよく取り上げられている、皇居ランナーの姿がありました。信号で止まることが無いため人気らしいです。1周約5km!1kmも走れない私には厳しい(笑)

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234543j:plain

和田倉噴水公園方向へ歩く方が多くいます。後で立ち寄りましょう♪

 

 

将門の首塚

 

目的地は、門首

 

f:id:aringo_travel:20201214234714j:plain

 

歴史や、都市伝説などが好きな方は知ってる名前かと思います。名前からして何だかおどろおどろしいですが、この場所は祟りがあると有名な場所です。

 

令和になってまで祟りという言葉があるんですね。実際にビル群のど真ん中に今も残されていることを考えると、本物の様です。

 

 

 

歴史はあまり得意ではないのですが、滝夜叉姫や百鬼夜行には興味があり読み漁っていたところたどり着きました。

 

f:id:aringo_travel:20201214234732j:plain

 

場所は大手町。新しいビジネスが立ち並ぶ一等地です。周りにはビルだらけ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234820j:plain

 

 

ビルとビルの間に、雰囲気の違う空間があります。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234931j:plain

 

 

すぐ隣には高層ビル。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214234956j:plain

 

門首塚に到着です。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214235025j:plain

 

 

下調べもしてきましたが、ご丁寧に保存会の方々の看板がありました。

f:id:aringo_travel:20201214235048j:plain

 

文字が小さいので、私が下調べしてきた情報を掲載します。日本三大怨霊と言われています。この平将門崇徳天皇菅原道真が非業の死を遂げた歴史上の3人です。

 

 

なんやかんやいろいろあって(歴史書を読みましたがきちんと理解できなかったのでお調べください……)将門の首と体は別々の場所に葬られました。首に至っては平安京に晒されたとのこと。この首が腐りもせず目を見開き「胴体と首をつないでもう一戦しよう」と夜な夜な叫んだそうです。そして3日目には首が胴を求めて舞い上がり、東国に向かって飛んでいき数カ所に落ちたとされています。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214235107j:plain

 

その場所がここ。

 

関東大震災の後にここを取り壊し、大蔵省庁舎の再建をした際、けが人や病人が続出。戦後も壊そうとしましたが、銃器を捜査していた運転手が亡くなりました。高度成長時代には首塚の一部に建った日本長期信用銀行の方々が病気になりお祓いしたとのこと。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201214235131j:plain

 

あちらこちらに看板があります。

 

f:id:aringo_travel:20201214235152j:plain

 

説明書きや、新聞の記事まで。

 

f:id:aringo_travel:20201214235216j:plain

年表を見ていると平安ってもう1000年以上前なんですね。令和になった今でも、配慮がされているようです。

 

 

 

そして、注意書きを一筆。将門と縁のある場所の参拝の際には成田山の参拝はしない方が良いとのこと。これも調べていて知りましたが、将門に関わる神職の方や、将門と関係のある神田明神、筑土神社の氏子などは成田山に参拝すると将門の加護が受けられないという伝承があるそうです。将門が主人公の大河ドラマの出演者が、例年恒例成田山での豆まきを辞退した例も。

 

 

理由は将門の乱の鎮圧の際に、成田山新勝寺が関わっていたから。

 

本当に関係があるのか、不明ではありますが昔からの言い伝えですし守った方が良いの……かも?

 

■将門首

■場所…千代田区大手町1丁目2番1号外

 

 

将門の首塚から皇居方面へ真っ直ぐ進みます。東御苑は入れませんでした。

 

f:id:aringo_travel:20201214235239j:plain

 

ご丁寧にカレンダーが用意されていました。

 

f:id:aringo_travel:20201214235310j:plain

 

火曜日と金曜日が休園のようですね。今日は金曜日です……。残念。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201214235338j:plain

 

 

さて、皇居前広場の中心部へ進みましょう。二重橋は毎日のように見ているので、そこは行かなくていいかな……。

 

 

f:id:aringo_travel:20201214235405j:plain

 

桜はそろそろ見頃を終え、葉桜です。葉桜の色って可愛らしいですよね、桜餅みたいです(笑)

 

 

どこで撮ったか忘れてしまいましたが、足元のタイルには山形県のベニバナや

 

f:id:aringo_travel:20201214235421j:plain

 

宮城県のはぎがありました。

f:id:aringo_travel:20201214235504j:plain

 

 

 

歩道が広いです。ここを皇居ランナーが駆けていました。

 

f:id:aringo_travel:20201214235530j:plain

 

写真右端には黄色いはとバスはとバスの右奥に宮内庁や、坂下門があります。はとバスの後ろ側に進むと二重橋がありますよ♪

 

 

 

そしてこの辺りから左一体は、新しい高層ビル群。近代的な街並みです。

 

f:id:aringo_travel:20201214235557j:plain

 

松の木の生い茂る皇居前広場と、このビル群の対比が東京らしくて好きです。今昔が共存しています。

 

 

看板がありました↓

f:id:aringo_travel:20201214235634j:plain

 

 

 

 

和田倉噴水公園

 

さて!和田倉噴水公園へ戻ってきましたよ。

f:id:aringo_travel:20201214235658j:plain

この後は散策しましょう。

和田倉噴水公園は上皇陛下のご成婚を記念して昭和36年に完成した大噴水が元です。その後、今上皇陛下のご成婚を機に平成7年に完成しました。

 

 

ハト。

f:id:aringo_travel:20201214235740j:plain

 

建物も綺麗ですね。

 

f:id:aringo_travel:20201214235813j:plain

 

室内は天井の高さが8mあり、音響効果が抜群なレストランです。

 

 

 

和田倉門跡

f:id:aringo_travel:20201214235838j:plain

1602年(慶長7年)頃の絵図には、門内には一の蔵があり、この門が「蔵の御門」と記されています。これが門の名の由来です。門の築造は1620年(元和6年)仙台藩(現在の宮城県)藩主伊達政宗などによって行われ、さらに1628年(寛永5年)に熊本藩(現在の熊本県)藩主加藤忠広により改築されました。現在は桝形門の石垣と1974年(昭和49年)に改修された木橋風のコンクリートが当時の面影を残しています。」

 

 

建物も綺麗でしたが、噴水公園も清潔感があります。手入れが行き届いていますね。

f:id:aringo_travel:20201214235857j:plain

 

 

 

写真奥が東京駅です。ここからは見えませんが……。

f:id:aringo_travel:20201214235918j:plain

 

この日は噴水は出ていませんでした。大きい噴水は1時間に数回に行われますが、風が強い時は上がりません。高さ6mに吹き上げる噴水は、夜にライトアップが行われます★

 

 

 

和田倉噴水公園から横断歩道を渡ってすぐの場所に、こんな素敵な広場があります。

f:id:aringo_travel:20201214235937j:plain

 

遠すぎますが、正面奥が東京駅です。ロケーションが最高なので、ここで結婚式の前撮り写真を撮られる方々や、観光で写真を撮る方、PVにロケ地などにも使用されております。

 

 

 

皇居前広場

 

そしてこちらが松林。

 

f:id:aringo_travel:20201214235954j:plain

 

クロマツが約2000本植えられています。理由は排気ガスに強いから、らしいですよ。歴史的背景の理由もあり、江戸城築造前はこの一帯が入江で丘陵部にクロマツが自生していました。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000038j:plain

 

芝生には一部立ち入り禁止だったり、入ってOKな場所もあったりします。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000108j:plain

 

 

 

 

皇居前広場は広々しています。

f:id:aringo_travel:20201215000203j:plain

 

 

敷地総面積は115ヘクタール。このうち濠の水面部分は約37ヘクタールあります。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000219j:plain

 

この辺りの桜は見頃ですね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000239j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000301j:plain

日比谷通りを少し散歩。

 

 

お濠の幅が広いです。

f:id:aringo_travel:20201215000336j:plain

 

 

そろそろ夕方。写真だけなのであっという間でしたが、その間もベンチに座る時間があったりとブラブラしていましたよ。

 

 

 

東京駅は大きくわけて、八重洲側と丸の内側があります。先程までいたのは丸の内側。よくテレビなどで見る赤レンガ造りの側です。

 

 

友人は八重洲口に着くようなので、北側にある自由通路を使用します。

f:id:aringo_travel:20201215000416j:plain

 

自由通路を使用し、反対側へ行くとお土産屋さんが沢山ありました。丸の内側だとお土産屋さんは改札を入った地下に広がっています。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000446j:plain

 

八重洲側は改札の外にも土産店が充実していますよ!どちらもオススメです。

 

 

 

八重洲の桜はライトアップされていました。

 

f:id:aringo_travel:20201215000937j:plain

 

 

友人「東京の桜だー!」と大歓喜。そして先程の地下道を使用し、東京駅丸の内側のライトアップを見に来ました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215000502j:plain

 

日没から21時まで行われています。照明デザイナーの面出薫氏のデザインで、6つの照明手法を組み合わせているそうです。

 

 

東京駅は横に335mありますので、写真には収まりませんね汗

 

f:id:aringo_travel:20201215000522j:plain

 

東京タワーの高さが333mなのでそれを横倒しにしたのと同じくらいの大きさです。

 

 

 

ライトアップを上から眺められるスポットへ来ました。

f:id:aringo_travel:20201215000536j:plain

 

東京中央郵便局(KITTE)の屋上庭園です。郵便局自体はもう営業終了している時間帯ですが、商業施設(飲食店やブティック)は開いています。

 

 

カメラを立ててハイポーズ☆

 

f:id:aringo_travel:20201215000604j:plain

 

 

 

そして本日の夕食は、グリル満点星。丸ビルにあります。予約をしていました( ̄+ー ̄)キラーン

 

f:id:aringo_travel:20201215001122j:plain

 

グリル満点星は麻布十番に本店があります。カウンター席もあるので1人でも利用しやすいお店。おしゃれな雰囲気なので、東京観光にはもってこいです☆

 

 

健康的で日本人の口に合う洋食を目指しているようで、どのメニューも魅力的です。

 

 

f:id:aringo_travel:20201215001102j:plain

 

ワンプレートミックス(2000円)で、1番人気のメニューなんだそう。

 

 

他にも、ハヤシライス(1800円)、オムレツライスドゥミグラス(1800円)、ロールキャベツのグラタン(1600円)、海の幸のマカロニグラタン(1800円)などなど。お酒もお楽しみいただけます♪

 

■グリル満点星

■場所…千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング5階

 

 

 

東京駅から移動をします。改札の手前で上を見上げると、

f:id:aringo_travel:20201215000656j:plain

これは……一部が東京ステーションホテルの客室ですかね。そういえばホテルの廊下辺りからも、駅が見えると聞いた気がします。

 

 

 それにしても美しい。

f:id:aringo_travel:20201215000807j:plain

 

パッと見、通り過ぎてしまいそうな場所までこだわりが見られます。アーチ型の間の丸は干支が描かれていると聞きましたが、本当でしょうか。

 

 

 

 

東京駅を利用し駅まで。そして品川駅と田町駅の間にあるアパホテルへ移動。

 

 

道中東京タワーが見えました↓

f:id:aringo_travel:20201215001149j:plain

 

今回の行程では3日目にちらっと立ち寄ります(この記事の最後にくっつけています☆)

 

 

アパホテルは東北に越したときの初日にも利用しました。理由は「有名だし安いから」(笑)

 

f:id:aringo_travel:20201215001227j:plain

 

お部屋からの眺めが良いですよ!本当は横浜の山下公園沿いに泊まりたかったんですけどね…ちょうどこのタイミングでサザンオールスターズのコンサートが行われる関係で値段が跳ね上がっていました。

 

 

まぁお部屋も綺麗だし、眺めも良いし、お風呂も良かったので満足です!

 

 

f:id:aringo_travel:20201215001259j:plain

 

部屋から大都会の街並みを眺めました。

 

 

宮崎県のお土産を頂きました(*^^*)

f:id:aringo_travel:20201215000622j:plain

 

 

 

 

3日目の東京タワー

 

 

記事を分けても良かったんですけど……一瞬で終わってしまうのでまとめました↓↓

f:id:aringo_travel:20201215001402j:plain

 

おしゃれして一枚📷パシャ。ここは赤羽橋の交差点です。東京タワーを足元から見上げられるスポットですよ!オススメです(`・ω・´)

 

 

東京タワーは何度か足を運んでいるので、さらっと!いきなり展望台ドーン!!

 

f:id:aringo_travel:20201215001514j:plain

ガラス床ベーーン!!

 

 

六本木ヒルズドーン!(右の大きいビル)

f:id:aringo_travel:20201215001640j:plain

 

 

右端っこにちょこんとあるのが〜!東京スカイツリー!↓

f:id:aringo_travel:20201215001659j:plain

 

 

そして展望台にいたチョッパーと記念写真!

f:id:aringo_travel:20201215001619j:plain

 

写真に写ってる2人共、前日に渋谷で買ったおニューの服でテンションが高いですね(笑)

 

 

勢いだけで乗り越えましたが、以前ちゃんと書いてるんですよちゃんと。

東京タワー(も行ったはとバス)のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

東京ワンピースタワーのブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com 

 

 

皇居前広場のお散歩がメインになりましたが楽しかったです。そもそもこの旅行の目的が、お洋服を買う&アニメの聖地に行く!なので観光地らしい観光地散歩はあまりしていないんです。写真も顔写真ばかり。

 

 

こんな感じのお出かけもありですね♪

 

 

来週水曜日のブログは、2日目にお出かけした横浜です。と言っても横浜の写真もサラッと。横浜の後に渋谷でのショッピングがあったので、バタバタでした(笑)

 

 

あ!そういえば、朝イチで泉岳寺に行きましたよ!鉄道唱歌の2番に出てきていたような気がします。赤穂浪士で知られる泉岳寺。そちらは観光案内もしっかり書きますのでお楽しみに(*^^*)

 

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

108 仙台市でお花見

 

 

 

 

2019年4月7日

 

 

行先

榴岡公園のお花見

 

 

 

 東北に越してきて1週間が経ちました。寒さの質が違う事に毎日驚きを隠せません。日差しの強さも違いますね。九州から上京した際も違いを肌で感じましたが、東北は何もかもが異なり、違いを五感で感じる日々です。

 

 

 

 

 

東北の中心、杜の都仙台に足を運びました。駅前は大変賑やかで東京に住んでいた時の事を思い出します。そんな賑やかな仙台駅から徒歩約10分の場所に、桜の名所があるようなので行ってみる事に。

 

 

仙台駅から歩きましたが、仙石線榴ヶ岡駅から徒歩3分、車だとインターを降りてから8kmです。駐車場は40台分(3時間までは1時間あたり100円、以降は1時間150円)

 

仙台駅から大通りをひたすら真っ直ぐ歩くだけです。土地勘がなくても来れました(*^^*)

f:id:aringo_travel:20201115224526j:plain

 

榴岡公園は「日本の都市公園100選」に選定されている桜のきれいな公園で、枝垂れ桜が多いのが特徴です。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115224622j:plain

 

住宅街のど真ん中ですが、結構広い公園です。砂場も多いですし、年代層は幅広く子供連れが目立ちました。

 

 

 

露店があるのは嬉しいです♪

 

f:id:aringo_travel:20201115224656j:plain

……くるくるお好み焼き?!もしかして「はしまき」の事でしょうか。別物では無さそう。

 

 

 

調べてみると、「はしまき」は地域によって「どんどんやき」「くるくるお好み焼き」と呼び方が異なるようです。また、「そもそも見たことが無い」地域も多いそう。

 

 

仙台では七夕祭りの時に「どんどん焼き」が販売されているようですね。元々は昭和初期にもんじゃ焼きが路上販売用に変化したと考えられ、東京・下町でよく見られたようです。(今は廃れたそうですが)

 

 

空が明るいので、桜が少し暗く写りますね。

f:id:aringo_travel:20201115224726j:plain

 

写真って難しいです( ̄▽ ̄;)

 

 

f:id:aringo_travel:20201115224807j:plain

賑やかな雰囲気です。追いかけっこをしている子供たちも多いですし、近所にお住いと思われる犬の散歩の方もいました。

 

 

先週投稿した東京・六義園の花見とは雰囲気が全く違います(笑)長閑な昼下がりだなぁと、私もお散歩してみました。

 

f:id:aringo_travel:20201115224831j:plain

 

 

見頃は4月上旬~下旬。枝垂れ桜やソメイヨシノなどが365本あるので、公園全体がピンク色です♪

 

 

f:id:aringo_travel:20201115224848j:plain

 

夜には提灯が点灯しているので、また違った雰囲気を楽しめます。(祭り期間中21時まで) ただ、桜の為のライトアップという訳ではないのでちょっと暗い感じです。近隣は住宅街で、昼は子供たちも多く賑やかですが、夜は桜を見るというよりは飲み系の大人が多いイメージでした。

 

 

 

賑やかな会場から少し歩くと、桜のトンネルもありましたよ。

 

f:id:aringo_travel:20201115224931j:plain

 

 

ここ、榴岡(躑躅岡)は古くから歌枕に詠まれていて歴史ある公園です。この公園の桜は江戸時代、仙台藩伊達綱村が桜を植え民間に開放した事が始まりです。

 

 

公園の奥には噴水広場がありましたが、天皇御在位50周年記念広場でした。噴水に座る人が多すぎて撮れませんでしたが💧

 

 

f:id:aringo_travel:20201115225011j:plain

 

東北もいいなぁと思いました。人生最北端記録更新です。ここに次回転勤までのあと数年住むことになります。地元、九州とは空気の乾き具合や天候も違い困惑することが多くなるとは思いますが、せっかく来たので精一杯楽しむことにします(*^^*)

 

榴ケ岡公園

宮城県仙台市宮城野区五輪1-301-3

 

 

 

寒さに弱い私は東北の家で凍えないか心配だったんですよ。来てみてびっくり。外は雪なのに家の中は暖房無しで生きていけます !断熱材がしっかりしているのでしょう……多分(!!)さすが雪国は違いますね☆

 

 

 

 

話が逸れてしまいましたが、以上!お花見回でした。来週からはいつものペースに戻ります。

 

 

来週水曜日のブログは、東京・横浜観光1日目&3日目です✩.*˚

 

 

東北に引っ越すことが決まる前から約束していました( ̄▽ ̄;)夜行バスで向かうことになりますが、楽しんできましょう!The定番の皇居前広場東京駅、3日目には東京タワー等に足を運びました。ブログの長さの都合上、日付が飛んでおります。2日目はその翌週に描きますが、横浜ではお花関連のイベントもしていましたよ。

 

 

是非ご覧くださいませ♪

 

  

 

お花見(先週)のブログ↓

 

 

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

107 六義園のしだれ桜

 

 

 

 2019年3月29日

 

 

 

 

毎週水曜日更新のブログ、今回は旅行ではなく1箇所のみのお出かけ回です。内容は薄めでお送りしてまいります。

 

 

行先

駒込六義園

 

 

 

明日東北へ引っ越すため、家の中はスッカラカン都心部ともお別れです。

 

f:id:aringo_travel:20201115222724j:plain

 

こう見ると結構広い。何だかんだ思い出の詰まった家でした。

 

f:id:aringo_travel:20201115222759j:plain

こちらは100円ショップでお迎えした、ミニトマト達。郵送が出来ないので、紙袋に入れて手荷物でお引越しです。

 

 

夕方まで最後の片付けをし、18時頃から電車に乗りました。六義園の最寄り駅は駒込駅、山の手線です。駅を出たあたりから、桜の木も見えました。

 

f:id:aringo_travel:20201115222854j:plain

 

特にライトアップという訳では無いのでしょうが、街の明かりに照らされるさくらも綺麗ですね。夜に見る桜は、暗い夜空との対比で普段よりも白く、そして儚く感じますね。

 

f:id:aringo_travel:20201115222913j:plain

 

 


 2度ほどしか夜桜を見たことがないので、尚のこと心を揺さぶられます。少し歩くと六義園の看板がありました。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115222935j:plain

 

掲示板のすぐ横には「見頃」と書いてあります。六義園といえばこのしだれ桜。ライトアップ期間は3月21日〜4月3日です。

 

 

期間が短いこともあり、大勢の方が並んでいました。

 

f:id:aringo_travel:20201115223042j:plain

 

 

どこが最後尾かもわからぬまま、人混みに流されているとやっと見つけました。

f:id:aringo_travel:20201115223100j:plain

 

六義園の壁沿いに列ができています。私達が並んだ後も、次から次へと並びます。

 

f:id:aringo_travel:20201115223137j:plain

 

六義園は徳川5代将軍・徳川綱吉側用人下屋敷として造営した大名庭園です。広さは約2万7千坪。う~~んピンときませんがとにかく広いです。

 

 

案外10分ほどで入口へ来ました。

f:id:aringo_travel:20201115223203j:plain

 

f:id:aringo_travel:20201115223234j:plain

 

■料金

一般…300円

65歳以上…150円

年間パスポートがなんと1200円★

 

 

 

チケットはシンプルなデザインです。

f:id:aringo_travel:20201115223259j:plain

 

六義園の入口は二箇所あり、今回並んだのは染井門(通常は閉門)駒込駅から近い方です。本郷通りを進むともう一つの入口、正門があります。

 

 

しだれ桜までは千里場をあるきます。少し暗いですね。

f:id:aringo_travel:20201115223321j:plain

 

正門付近は、露店がありました。こちら側の方がしだれ桜に近く活気溢れています。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115223418j:plain

 

 

テーブルやイスがあるので寛ぐことも出来ますね♪

 

 

f:id:aringo_travel:20201115223515j:plain

 

お店がいくつもありました。

 

f:id:aringo_travel:20201115223553j:plain

 

さて本題のしだれ桜は……と。活気溢れる場所からすぐ隣、内庭大門をくぐると、暗闇に浮かび上がるようにして見えてきました。

 

f:id:aringo_travel:20201115223623j:plain

 

 

 息をのむ圧巻の姿。漆黒の闇に浮かぶ夜桜

 

 

 

 

丁度いい時間に来ました。高さは15m、幅20mのようですね。対象物が無く遠近感が分からなくなります……もっと大きく見えました。

 

f:id:aringo_travel:20201115223809j:plain

 

 

近寄ってみます。

 

f:id:aringo_travel:20201115223643j:plain

 

 

そうそう六義園の名前は、古今和歌集が関係しています。序文に「六義」という和歌の六つの基調を表す語が出てきます。徳川綱吉側用人が、この「六義」を古今和歌集にある和歌のままに庭園として再現しようとしたもので、紀州和歌浦を中心とした美しい歌枕の風景を写して、庭園を造ろうと思い立ったそうです。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115223706j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115223743j:plain

 

よく言う桜の花見は上を見上げますが、枝垂れていますので桜の花が目線の高さです。鑑賞しやすい♪

 

 

 

なかなか上手く撮れないものですね。暗いのでピントも合いにくいです。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115224051j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115223829j:plain

 

枝垂れの枝先には桜の花玉。

 

 

 

1番のメインしだれ桜付近は人が集まっており、のんびり見るのは難しいです。折角六義園に来たのでついでにお散歩しましょう。

 

f:id:aringo_travel:20201115223847j:plain

 

 

 

夜の庭園なんて滅多に来ることがないですから♪庭園自体もライトアップが行われています。

 

f:id:aringo_travel:20201115223908j:plain

 

足元は竹あかりがありますが、少し暗いのでお気をつけて。手入れは行き届いていますが、道が土なので雨上がりは所々ぬかるんでいます。

 

 

第二のしだれ桜があるそうです。

 

f:id:aringo_travel:20201115223923j:plain

 

歩いてよかった。

高さは13m。鶴姫のしだれ桜ともいうようですね。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115223946j:plain

 

 

先程のしだれ桜よりも2m低いはずなのに、大きく感じました。縦に長いからでしょうか。

 

 

第二のしだれ桜は、ライトアップの色が変わります。大体20〜30秒おきに、じわ〜っと次第に変わります。

 

f:id:aringo_travel:20201115224004j:plain

 

 

どの色も綺麗ですが、白色ライトアップが一番好きかなぁ。

 

f:id:aringo_travel:20201115224026j:plain

 

夜桜をまじまじと見ることも、それがライトアップされていて7色に変わるのも見ていて楽しいものですね。

 

 

六義園への滞在時間は1時間もありませんでした。翌朝新幹線で東北へ引っ越しなのでバタバタです。東京にて最後にいい思い出が出来ました(*^^*)

 

 

今回は桜の季節に来ましたが、六義園ツツジも有名です。「駒込と言えばツツジの花の咲く街」とも言われています。また、芝生の整備も行き届いているので、明るい時間帯にも来たいところですね♪

 

六義園(りくぎえん)

■場所…東京都文京区本駒込6丁目16-3

 

 


来週水曜日のブログは、東北のお花見です。東京ではこの頃見頃を迎えていましたが、東北はその後が見頃。天候も随分違いました。寒さの質が違う(笑)

 

 

せっかく東北へ越したので、東北の中心地仙台にてお花見をしてきましたよ。詳しくはまた来週ご覧くださいませ✩.*˚

 

 

 

先週のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

106 長崎旅行2日目:雲仙地獄へ!

 

 

 

 

2019年3月17日

 

 

 

 

行先

愛野展望所

棚田展望台

温泉(うんぜん)神社

雲仙地獄

仁田峠

雲仙ロープウェイ

鯉の泳ぐまち

 

 

 

毎週水曜日更新のブログ✩.*˚先週は色々ありお休みをいただきましたが、今週からまた再開です!

 

 

さてお待たせ致しました(*^^*)長崎県旅行2日目は、雲仙や島原の辺りへ行きましたよ。夜には飛行機で帰宅の為、ちょっと急ぎ足。朝9時頃ハウステンボスでレンタカーを借り、帰りは空港で返却します✩

 

f:id:aringo_travel:20201115210835j:plain

 

とりあえず雲仙へ向かいましょう!

ハウステンボスからは1時間50分(81km)

 

f:id:aringo_travel:20201115210908j:plain

 

 

町並みを楽しみながら進んでいきます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115210928j:plain

 

もし時間に余裕があれば、鉢巻山展望所も立ち寄りたい!行く予定はありませんでしたが、4kmならすぐそこじゃあありませんか。2泊3日だったらなぁ……。

 

 

 

↓昔からある江頭交差点の長崎ちゃんぽん

f:id:aringo_travel:20201115210959j:plain

 

 

 

↓こちらはご当地マンホールを撮っているかと思いきや

f:id:aringo_travel:20201115211110j:plain

 

 

↓歩いていた鴨を撮りました♪

f:id:aringo_travel:20201115211131j:plain

 

 

少し長めのドライブですか、道中楽しいです。どこに行こうか、なにを食べようか、わいわいと話していました。天気が良いので遠くの山も見渡せます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115211154j:plain

 

 

段々畑は見たことがありますが、段々部分が石積みでした。こちらは初めて見たなぁとパシャリ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115211233j:plain

 

気になって調べましたが、長崎県では温暖な気候を活かして1年を通して野菜の栽培が行われているみたいです。しかし地形が複雑で平坦な土地が少ないため、石垣で作られた段々畑が多いようなんです。

 

特にこの写真のあたりが諫早から島原の地域ですが、温暖ばれいしょの産地で北海道に次ぐ産地のよう。

 

 

愛野展望所に立ち寄りました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115211305j:plain

 

 

運転を開始し1時間ちょっと。通り端に看板を見かけたのとそろそろ休憩しようかという話になりまして(*^^*)

 

 

 

ちょうど良いところに展望所がありました。

 

f:id:aringo_travel:20201115211327j:plain

 

愛野展望所の正式名称は「島原半島県立公園愛の展望所」。国道57号線沿いの観光スポットで、橘湾雲仙岳を眺めることが出来ます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115211356j:plain

 

 

 

 

天皇陛下展望の地の看板です。

f:id:aringo_travel:20201115211553j:plain

昭和天皇が3回訪れた場所だそうで。

 

 

 

愛野展望所のすぐ隣には長崎カステラランドがありました。

f:id:aringo_travel:20201115211640j:plain

 

お土産を兼ねて見に行くことに。

 

 

入口には愛のベルハウス

f:id:aringo_travel:20201115211704j:plain

後で何か食べましょ。小腹も空いてきましたし。

 

 

カステラランドの中は、名前の通りカステラだらけ。

f:id:aringo_travel:20201115211731j:plain

 

カステラスイーツ(ラスク・長崎しょこらあと)、名前や記念日に良いメッセージ入りカステラ、長崎カステラ、舶来の匠、五三焼などがありました。

五三焼カステラは、卵黄と卵白の割合が5:3だとか、大切な贈り物として桐箱(五三の桐)にちなんだとか……諸説あります。

 

 

 

 

工場見学も可能です(無料)

 

f:id:aringo_travel:20201115211755j:plain

 

 

試食を頂きました。

f:id:aringo_travel:20201115211840j:plain

 

カステララスクが結構好きなんです。土産にいつも買っています。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115211902j:plain

 

色々試して好きな風味のカステラを探せるのは楽しいですね。パーキングなどでは多くても数種類ですが、ここなら選びたい放題です(*^^*)

 

 

レストランもありましたよ。

f:id:aringo_travel:20201115211932j:plain

海の見えると書いてあります。確かに眺めは抜群✩

 

 

私たちは外で軽食を購入。

f:id:aringo_travel:20201115212212j:plain

 

愛野展望所&長崎カステラランドは駐車場もそれなりに台数が停められますし、お土産や食事に良い場所ですね!景色も楽しめました。

 

 

■愛野展望所

■場所…長崎県雲仙市愛野町5900

 

 

 

愛野展望所を後に、まだまだ進みます。雲仙普賢岳は遠いですね。

 

f:id:aringo_travel:20201115212252j:plain

 

 

景色が晴れてきました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212329j:plain

 

遠くまで見渡せます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212400j:plain

 

先程の段々畑でも気になっていましたが、赤土が目立ちますね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212421j:plain

 

 

雲ひとつ無い青空です。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212444j:plain

 

 

比較的開けた道を進んでいきます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212535j:plain

 

 

急に道路に山が迫ってきました。

 

f:id:aringo_travel:20201115212557j:plain

 

陽のあたらない道を進んでいきます。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212636j:plain

 

 

明るい時間のはずですが薄暗いですね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212706j:plain

 

道幅も狭くなってきました。少し不安で地図を確認しましたが、方向は合っている模様。

 

 

棚田展望台の看板がありました↓

 

f:id:aringo_travel:20201115212727j:plain

 

 

試しに立ち寄ることに。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212809j:plain

 

駐車場は車が数台停めれる程度。神社がありました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212833j:plain

 

そして神社の隣には展望台。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212852j:plain

 

 

棚田展望台と調べると様々出ました。そのくらい長崎には棚田が多い模様。ここは「千々石町・清水棚田」と言うみたいですね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212935j:plain

 


右奥には山々の連なる様子。そして眼下には棚田と民家が見えます。千々石町もっとも上流にある石積みの棚田で、初夏の田植え風景が特に見ごたえがあるとのこと。

 

f:id:aringo_travel:20201115212913j:plain

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115212958j:plain

音の流れる看板のようですが、凄く音割れしてしまい声がききとれません。随分年季が入っていそうです。

この辺りは平成19年には宮中献穀田として、県を代表して天皇陛下へ献上する稲が栽培されました。平成20年には10月に第14回棚田サミットも行われました。

 

 

■棚田展望台

■場所…長崎県雲仙市千々石町夷(国道128号で雲仙に行く途中)

 

 

 

ここからは山道です。カーナビもくねくね(笑)

 

f:id:aringo_travel:20201115213033j:plain

 

 

結構急カーブ、そして上り坂です。登った先に雲仙地獄があるようですね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213052j:plain

 

 

少し振り返ると景色が良い!

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213117j:plain

 

 

くねくねした道路、登ってきた場所も見えます。これは紅葉の季節、きっと綺麗なのでしょう。左手にダムが見えてきた頃、道路は平坦になりました。

 

f:id:aringo_travel:20201115213141j:plain

 

そして車通りや人通りが増えたなぁと感じる頃、道路から湯気が立ち上っています!

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213237j:plain

 

なんか見た事あるなぁと思ったら、大分県別府と似てるんですね(*^^*)町から湯気が上がっている様子が似ています。規模は違いますが……。

 

 

 

 

駐車場を探しました↓

 

f:id:aringo_travel:20201115213310j:plain

 

 

近場で発見、そして駐車場には温泉案内図がありました。助かります♪

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213337j:plain

 

 

 

さて!お目当ての雲仙地獄へ向かいましょう。その手前で面白そうな建物を発見。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213354j:plain

 

日本で初めて!駄菓子屋さん博物館。1階は駄菓子屋さん、2階は博物館です。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213419j:plain

 

2階は200円で入れる模様。ブリキのおもちゃや、お面などの遊具がそろっているようです。1階だけ散策しましたが、久しぶりに見つけたセコイヤを購入(笑)懐かしの駄菓子が沢山ありましたよ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213454j:plain

 

 

昔懐かし思い出のお菓子を食べながら雲仙を歩くのも良いですね♪

 

■駄菓子屋さん博物館

■場所…長崎県雲仙市小浜町雲仙310

■時間…9-18時

 

 

雲仙地獄はこちらと看板のある手前に、神社がありました。

 

f:id:aringo_travel:20201115213517j:plain

 

温泉(うんぜん)神社と読むようですが、もともと温泉と書いて「うんぜん」と呼んでいたみたいですね。その後雲仙に転じたようです。

ここ雲仙は奈良時代からの長い歴史があります。近くにある温泉山満明寺は行基が建立したのだとか……。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115215403j:plain

 

この時間帯、観光客は私たちだけ。この辺り島原半島には温泉神社が18か所もありますが、この場所が総本社です。

 

 

御籤がありました。

f:id:aringo_travel:20201115215537j:plain

 

 

御籤の横に、丸い絵馬の写真。

オレンジ色で、柿を象っているようです。柿の形の理由は境内の夫婦杉

 

f:id:aringo_travel:20201115215513j:plain

 

柿の絵馬が結ばれている様子は、干し柿のよう(笑)

この木が「夫婦柿」です。寄り添うように立っており、パワースポットですが、社殿の脇にひっそりとありました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115215450j:plain

 

夫婦杉の近くの看板には、この夫婦杉を抱き、木の下から上に撫でながら祈願する、続いて神水を浴びる、と書いてあります。抱きしめるのは体格的に難しいですが(汗)

 

 

 

御朱印も頂きました。

f:id:aringo_travel:20190529230414j:plain

 

 

御朱印とは!ブログ↓

 

aringo-travel.hatenablog.com

 

温泉神社

■場所…雲仙市小浜町雲仙319

 

f:id:aringo_travel:20201115213537j:plain

 

それでは温泉神社のすぐ脇にある道を通って雲仙地獄STARTです。木の看板に「雲仙地獄入口」と書いてあります。

 

 

 

道中で撮った地図ですが、分かり易いので今載せますね。地図の右下の方(お糸地獄)から周っていきます★

f:id:aringo_travel:20201115214501j:plain

 

 雲仙地獄は有名な観光スポットです。名前は聞いたことがありましたが、空港からも少し距離があるためなかなか来る機会がありませんでした。これから歩きますが、大叫喚地獄やお糸地獄など30あまりの地獄があります。無料で見て回れるのも嬉しいポイント(笑)さぁ歩いていきましょう★キリシタン殉教の舞台になったことでも知られ、殉職碑もありますよ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213559j:plain

 

 

硫黄の香りが結構きつめ。あちらこちらから噴気が上がっています。このエネルギー源は橘湾の海底のマグマだまりと考えられています。

 

f:id:aringo_travel:20201115213622j:plain

 

この地獄の最高温度は98℃、噴気は120℃にまでなります。風の冷たい日でしたが、散策中は比較的あたたかいです。暖かいからか猫もいました(笑)

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213646j:plain

 

足元はカラフルな道なので迷うことはなさそうです。そしてこの先は二手にわかれており登ると展望台行き。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213711j:plain

 

八万地獄展望台60m。

そりゃ登りますよね!(*^^*)笑行きましょう!

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213801j:plain

60mって登り階段にすると結構きつかったです。(笑)ここから景色が見渡せます。

 

 

 

そして八万地獄

f:id:aringo_travel:20201115213834j:plain

 

 

「地獄と言う言葉は、現世に悪いことをすると、死後に苦しみの世界に落ちるという仏教説話に基づくものです。いつの世も、地獄を恐れる人々の心は変わらず、このような荒涼とした場所に地獄のイメージを重ねてきたのでしょう。

八万地獄というのは、人が持っている八万四千の煩悩によってなされた悪行の果てに落ちる地獄のことだといわれます。」~立て看板より~

 

 

 

誰もいない道を進みます。

 

f:id:aringo_travel:20201115213911j:plain

 

冒険してるみたいで楽しいですね。大自然です。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213931j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115213952j:plain

 

 

湯気がもくもくあがっています。

 

f:id:aringo_travel:20201115214017j:plain

 

 

 

こちらはお糸地獄

f:id:aringo_travel:20201115214047j:plain

 

「その昔、島原城下でたいへん裕福な生活をしていたのに密通をしたあげく、夫を殺してしまったお糸という女がいました。お糸が処刑されたところにこの地獄が噴出したので、「家庭を乱すと地獄に落ちるぞ」という戒めを込めてこの名前が付けられたといわれます。」

 

 

 

温泉たまごのお店がありました。雲仙地獄工房です。

 

f:id:aringo_travel:20201115214128j:plain

 

アツアツの蒸し温泉たまごが食べれます♪蒸しってところがミソ。観光客の歩くこの地獄内での販売は売れそうですね。ロケーションもいいので食べたくなります(*^^*)

 

f:id:aringo_travel:20201115214151j:plain

 

 

温泉たまごにお塩がついてきました。

ここのたまごは「1個食べたら1年長生き、2個食べたら2年長生き、3個食べたら死ぬまで長生き」と言われています。なんだか神奈川県箱根温泉の黒たまごのようですね♪

 

 

f:id:aringo_travel:20201115214216j:plain

 

人気のお店で、繁忙期には1日2000個も売れるようです★温泉たまご以外にもレモネード(250円)もありますよ。

 

 

 

こちらは地熱を感じられる場所。

f:id:aringo_travel:20201115214240j:plain

 

注意書きがありました。ここでは火山のエネルギーを体感できますが、地熱が高いためサンダルなどを履いた方や、保護者が同伴していない小学生以下は、立入禁止だそうです。それほど危ないという事ですね。

 

 

地熱の周りはこんな感じ。

f:id:aringo_travel:20201115214306j:plain

 

 

 

少し歩いて真知子岩

 

f:id:aringo_travel:20201115214336j:plain

 

昭和27年から2年にわたってヒットしたラジオドラマ「君の名は」のロケ地記念の碑です。主人公が真知子と言う名前です♪

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115214420j:plain

 

 

結構広いんですね。まだまだ終わりが見えません(笑)

 

 

f:id:aringo_travel:20201115214441j:plain

 

 

大叫喚地獄。代表的な地獄ですね☆

 

 

f:id:aringo_travel:20201115214636j:plain

 

 

名まえを聞いたことがあります。私の好きな鬼灯の冷徹という漫画で出てきていました。地獄の歌もあるんですよ♪

 


【OP】鬼灯の冷徹/「地獄の沙汰も君次第」

 

f:id:aringo_travel:20201115214653j:plain

 写真撮影にピッタリの場所です☆

 

 

 

その近くには邪見(じゃけん)地獄。

f:id:aringo_travel:20201115214715j:plain

 

「邪見と言うのは人をねたむ、みにくい心のことです。この温泉のお湯を飲むと、夫婦や友人の間で生じた、嫉妬心による不和を解消すると言われています。ところが実際には強酸性の温泉で、とても飲めるようなものではありません。きっと、邪見を捨てる場所ということなのでしょう」~看板より~

 

 

足を伸ばして一休み(笑)

 

f:id:aringo_travel:20201115214753j:plain

 

 

 

婆石(ばばいし)と鏡石(かがみいし)

f:id:aringo_travel:20201115214814j:plain

 

「生前に悪い行いをした者に、どのような苦しみを与えるか判断する閻魔大王が座る場所が葬頭川の婆石です。鏡石は亡者の善悪を見分けるのみ使う道具です。

閻魔大王も判断できない難題も、この「浄玻璃の鏡」に映せば一目瞭然。ただちに善悪が判定されるといわれています。」~看板より~

 

 

名まえに地獄がついているだけあって地獄に関する場所が多いですね。浄玻璃の鏡なども先ほどのアニメに出てきます♪ギャグテイストで分かり易いですよ♪

 

 

f:id:aringo_travel:20201115214842j:plain

 

 

 

あと少しで出口みたいです。

f:id:aringo_travel:20201115214940j:plain

 

 

 

前方松の木注意の看板(笑)

f:id:aringo_travel:20201115215013j:plain

常に倒れている感じなんですね(笑)撤去はしない模様(笑)

 

 

 

すぐ近くからも温泉が湧いていました。

f:id:aringo_travel:20201202213548j:plain

 

触れるの注意の看板……と書いてあるのに触る人続出。私達は触れませんでした、怖いんだもの。

 

 

 

泥火山(でいかざん)

 

f:id:aringo_travel:20201115215059j:plain

 「雲仙地獄泥火山は、硫化水素を含む高温の火山ガスによって溶けた岩石が白い泥となって、噴気とともに吹き上がり、火山のような形を造っています。火山は、火口から噴き出した溶岩が冷えて固まることで山体を作り、溶岩の粘り気によってできる山体の形が異なります。実はそれと同様の事が泥火山でも起こります。水分が少なく泥の粘り気が強いと急な形となり、粘り気が弱いと平たい形になります。その日ならではの泥火山の姿と表情をお楽しみください」~看板より~

 

 

ポコポコと湧いている様子が、別府温泉鬼石坊主地獄と似てますね。この日は盛り上がりがなくほぼ平坦でした。

 

 

 

 

そして地図。助かります。

f:id:aringo_travel:20201115215122j:plain

 

 

野良猫に出会いました。

f:id:aringo_travel:20201115215149j:plain

 

 

人懐っこい猫

f:id:aringo_travel:20201115215230j:plain

 

 

雀地獄

f:id:aringo_travel:20201115215256j:plain

「このあたり一帯では、地下から噴き出したガスが水中ではじけて、ピチピチと小さな音を立てています。ちょうど雀がたくさん集まって鳴き騒いでいる感じがするのでこのような名前になりました。おしゃべりをちょっとやめて、静かに温泉のつぶやきを聞いてみましょう」~看板より~

 

湯けむり橋

f:id:aringo_travel:20201115215314j:plain

…もしかして普通はこの湯けむり橋から散策スタートなのでしょうか?(笑)橋周辺が賑やかです。

 

 

地獄の看板

f:id:aringo_travel:20201115215342j:plain

 

「噴気や温泉の集まっている所を地獄と呼んでいます。雲仙温泉西暦701年真言宗の大乗院満明寺が開かれて、仏教修行の場として栄えました。当時は今よりも噴気現象が活発だった様が古図からうかがうことができます。ゴウゴウと音を立てて、盛んに湯煙を上げている様子やゴツゴツした白い湯の花が一面を覆う様子から、昔の人々は、このような場所を仏教でいう地獄に例えたのでしょう。」~看板より~

 

 

 

うーんこの感じ、多分ここからスタートでしたね(笑)神社の横から入って行っちゃいました。そして大通りに戻ってきたので、駐車場へ戻りましょう。雲仙地獄の散策に時間を取られ、いつの間にかスケジュール40分押しです💧

 

雲仙地獄

■場所…雲仙市小浜町雲仙320

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115215623j:plain

 

駐車場へ戻る際、パン屋さんを見つけました。地元のパン屋さんっていいですよね。既にほとんど売り切れ、大人気ですね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115215718j:plain

 

2個ほど購入し、後ほど車で食べましょう。私のタイムキーパー能力が無く押しているので……。

 

 

とか言いつつちゃんと景色は撮る。

f:id:aringo_travel:20201115215745j:plain

 

 

車の中でいただきます(*^^*)

f:id:aringo_travel:20201115215805j:plain

 

 

ここから先は雲仙普賢岳へ向かいます。ロープウェイがあるので、行きましょう!

 

f:id:aringo_travel:20201115215825j:plain

 

仁田峠やロープウェイは有料道路で向かいます。(100円)

 

f:id:aringo_travel:20201115215857j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115215940j:plain

 

結構な山道ですね。なるほど、登りますね。プリントをもらいました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115220015j:plain

100円の協力金についてのプリントですね。

 

 

こんな感じの道を進んでいきます。

f:id:aringo_travel:20201115220036j:plain

 

雪もなく、天気も良いので見晴らし抜群です。動物にだけ注意しながら進んでいきます。

 

 

開けた駐車場に立ち寄りました。

f:id:aringo_travel:20201115220125j:plain

 

 

折角なので車を停めて展望台へ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115220144j:plain

 

雲仙普賢岳平成新山についての看板です。雲仙普賢岳は理科の教科書で知っていましたが(マグマの粘り気の授業中)、平成新山は初耳です。

 

 

 

 

展望台貸切状態!

f:id:aringo_travel:20201115220101j:plain

 

 

 

海ですね〜!

 

f:id:aringo_travel:20201115220207j:plain

 

土地勘も地理勘も無く、どこを向いているかわかりませんが(笑)海が見えます!多分島原の…方向でしょうか……多分。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115220244j:plain

 

こういうときはGoogle先生。向いている方向をGPSで見てみました。

 

f:id:aringo_travel:20201115220308j:plain

 

南島原の方向を見ている模様。

 

 

 

さてさてロープウェイへ向います。

 

f:id:aringo_travel:20201115220342j:plain

 

 

 

オレンジ色の屋根の建物が見えてきました。

 

f:id:aringo_travel:20201115220403j:plain

多分あの建物ですね!

 

 

駐車場に車を停め、ロープウェイ乗り場へ歩いていると仁田峠の看板がありました。

f:id:aringo_travel:20201115220446j:plain

 

この辺りのことを仁田峠と言うんですね。駐車場から乗り場までは徒歩約5分ほどです。雲仙岳の1つ、妙見山(標高1333m)の山頂にかかるロープウェイです。

 

f:id:aringo_travel:20201115220510j:plain

 

ロープウェイ乗り場にはお土産屋さんや、自動販売機、建物の右脇には平成新山の見えるスポットがありました。

 

f:id:aringo_travel:20201115220425j:plain

 

 

ここに石碑があるんですね!見晴らし抜群です。

 

f:id:aringo_travel:20201115220533j:plain

 

 

ロープウェイのゆるキャラ、ロージィー。

 

f:id:aringo_travel:20201115220551j:plain

 

チケットを購入し、乗り場へ向かいます。

 

f:id:aringo_travel:20201115220613j:plain

 

 

乗り場手前に標語がありました。

 

f:id:aringo_travel:20201115220635j:plain

「冬の日は 霧氷も見れるよ 雲仙は」

本日は日差しに恵まれた暖かな日ですが、寒い日に見える霧氷……すごく気になります。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115220703j:plain

「日差し浴び キラキラ光る はなぼうろ」

 

 

 

ロープウェイに乗りました。

f:id:aringo_travel:20201115220749j:plain

 

 

お客さんが4人なので好きな席に座れます(笑)乗車時間は約3分。眼下にはThe大自然海抜1300mの空中散歩です♪ロープウェイに乗る時って、野生動物を探しがちです。私だけでしょうか。

 

 

到着〜

f:id:aringo_travel:20201115221120j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221144j:plain

 

f:id:aringo_travel:20201115220856j:plain

 

 

開けた場所で写真も撮れます♪

f:id:aringo_travel:20201115220813j:plain

 

 

ここから少しばかり登ります

 

 

f:id:aringo_travel:20201115220835j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115220919j:plain

妙見神社です。御朱印温泉神社で頂けるよう。

 

 

空の色が綺麗です。

f:id:aringo_travel:20201115220941j:plain

上に行くにつれて濃い青ですね。

 

 

望遠鏡もありました。

f:id:aringo_travel:20201115221007j:plain

 

 

 

景色を見るのが好きです。人の手の加わっていない自然。

 

f:id:aringo_travel:20201115221028j:plain

 

私の曾祖母は旅が好きだったようで、仁田峠に来たと聞きました。世代は違えど同じ景色を見ているのかと、曾祖母は何を思ったんだろうかと、ぼうっと眺めていました。

 

 

大自然を前にすると、何もかもがちっぽけな存在に感じます。無力だなぁ……とスッキリした考えになります。そういった意味でも自然に包まれるというのはリフレッシュに良いのかもしれませんね。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221057j:plain

 

もう暫く滞在したかったのですが、ロープウェイの時間や飛行機の都合上そろそろ下山です。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221205j:plain

 

名残惜しいですが、雲仙を後にしましょう。

 

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221226j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221243j:plain

 

 

 

 

そうそう、駐車場にはタクシー乗り場がありましたよ。

f:id:aringo_travel:20201115221259j:plain

 

雲仙普賢岳ロープウェイ

■場所…雲仙市小名浜雲仙551

■公式サイト

unzen-ropeway.com

 

 

ここから山を下って島原へ。

 

f:id:aringo_travel:20201115221321j:plain

 

さっきまであの辺にいたのかなぁと、眺めます。

 

f:id:aringo_travel:20201115221342j:plain

 

右には海!左には山!良いロケーション!

 

f:id:aringo_travel:20201115221355j:plain

 

 

島原温泉の看板です↓

f:id:aringo_travel:20201115221418j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221436j:plain

 

立ち寄ってはいませんが神社がありました。通り端の街路樹は赤く染っています。

 

f:id:aringo_travel:20201115221552j:plain

 

 

あったあった「鯉の泳ぐまち」の看板。

 

f:id:aringo_travel:20201115221613j:plain

 

 

地図がありました↓

 

f:id:aringo_travel:20201115221903j:plain

 

島原自体が水の都と呼ばれ、地面を50cmも掘ると湧き水が出てくる町です。そんな場所に錦鯉を放流したのが始まりです。

 

 

 

交流センター清流亭

f:id:aringo_travel:20201115221927j:plain

 

ここは観光交流センターで平成27年にオープンしました。島原スペシャルクオリティの商品も展示しています。観光客で賑わっていました。観光センター以外にも庭園四明荘、かんざらし(島原銘菓)の体験、有形文化財の雑貨店もあります★

 

 

お庭の池には意味わからないくらい立派に成長した鯉。

 

f:id:aringo_travel:20201115221944j:plain

 

ほかの鯉の倍くらいの大きさがありますね。池にいる鯉は普通ですが、この町では用水路などにも鯉が泳いでいるそうなんです。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221633j:plain

 

 

鯉を探しにキョロキョロ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221651j:plain

 

おっ!やっと見つけました!

 

f:id:aringo_travel:20201115221818j:plain

 

看板の目の前で泳いでくれています。サービス精神旺盛ですね!

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221706j:plain

 

1匹見つけるとどんどん見つかりました。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221723j:plain

 

子供たちの歓声を豊かにはぐくむ、観光、などの目的があるみたいですね。

 

f:id:aringo_travel:20201115221741j:plain

 

 

f:id:aringo_travel:20201115221756j:plain

 

散策したいところですが現在1時間押しな上に、飛行機の時間も迫っています。結構ピンチ。(笑)

銘菓作りは体験したかったなぁ…訪れた際は是非どうぞ♪

 

■鯉の泳ぐまち

■場所…島原市新町2丁目

 

 

島原城にも立ち寄りたかったですが、軽く通るだけ汗

 

f:id:aringo_travel:20201115222041j:plain

 

鯉の泳ぐまちから車で4分とすぐ近くなんです。目と鼻の先。長崎に来ることはあっても、雲仙や島原まで来ることは滅多にないので立ち寄りたかったなぁ。

 

 

f:id:aringo_travel:20201115222101j:plain

 

島原城長崎指定遺跡で、別名「森岳城」「高来城」。寛永元年(1624年)築城です。

 

f:id:aringo_travel:20201115222118j:plain

 

さてさて帰路につきましょう。Googleマップによると、ここから長崎空港までは約80分。レンタカーを返したり手荷物を預けるとなると……夜ご飯食べれるかな?(笑)今日はまともなご飯を食べていないので、お腹がすいてきました( ̄▽ ̄;)

 

島原城

■場所…長崎県島原市城内1丁目1183-1

 

 

 

帰りは夕焼けを見ながら、交通量が多いです。

 

f:id:aringo_travel:20201115222154j:plain

 

UFO?!と思いズームすると、飛行機雲でした(笑)

 

f:id:aringo_travel:20201115222211j:plain

 

レンタカーを返す頃はもう真っ暗。レンタカー屋さんから、空港まで送ってくれました。助かります。借りたのはハウステンボス、返却は空港。乗り捨てができるのも嬉しいですね。

 

f:id:aringo_travel:20201115222236j:plain

 

 

空港にいた角煮まんじゅうのゆるきゃら。

 

f:id:aringo_travel:20201115222254j:plain

 

 

そして長崎くんちの龍を模しているのでしょうか。

f:id:aringo_travel:20201115222347j:plain

大きな龍。

 

 

最終便で帰るため、空港は空いていました。

f:id:aringo_travel:20201115222314j:plain

 

 

なにか軽く食べたいなぁ。

f:id:aringo_travel:20201115222431j:plain

 

ちょっと時間が無いのでお預け……しようと思いましたが、急いで食べればいける!(笑)注文しました。

 

f:id:aringo_travel:20201115222448j:plain

 

長崎に来たからにはちゃんぽん!と言いたいところですが、オムライスなど普通のものを頼んだ気がします。とにかくお腹がすいていて、好物を食べたかった(笑)長崎に来る機会は比較的多いので、その時にいつものお店(ばくだんちゃんぽん)で食べましょう☆

 

 

そうそう、レストランの入口にあったタコ。

 

幼稚園の頃かな、長崎に住んでいた頃、スーパーの屋上に登る閉鎖された真っ暗な階段に置いてあってすごく怖かったのを思い出しました。階段は登れないのですがおいてあったんですよ(笑)鬼洋蝶(おにようちょう)という魔除けです。

 

 

しっかり食べて、飛行機にはちゃんと余裕を持って乗れました。満腹なこともあり飛行機では爆睡。気がつくと到着していました。

 

 

今回は弾丸でしたが、やはり旅行は2泊3日が良いですよね。ゆとりもありますし、心に余裕もできます。とか言いながら弾丸が多いんですけどね(笑)

 

 

来週水曜日のブログは、いよいよ関東最終日。駒込にある六義園の大きなしだれ桜を見に行きました。夜に行きましたが、行列でした。風情感じる間もなく、人ごみに流され……と、この話はまた来週★ライトアップが素敵でしたよ。

そして今週は長文にお付き合いいただきありがとうございました。来週は六義園のみなのでさらっと終わりそうです。是非また読んでいただけたらと思います★暇つぶしにどうぞ♪

 

 

先週のブログ↓

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

長崎ちゃんぽんのブログ↓

 

 

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

長崎散策のブログ↓

 

 

aringo-travel.hatenablog.com

 

 

 

 

 

今日も平和です。

 

 

 

 

 

ありんごのTwitter

@aringo_travel

https://twitter.com/aringo_travel?s=06

 

ありんごのインスタ↓↓

a_aringo22

 

ぷち旅行プランのご依頼↓↓

https://coconala.com/services/650776

 

読者になるボタンはこちら↓↓↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/aringo_travel/aringo-travel.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>